烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

御成道

 昌平橋南詰から中央線(高架)に沿って万世橋の方へ向かってくと、途中に「御成道」の説明板があります。
 「御府内備考」に「御成道、筋違外広小路の東より上野広小路に至るの道をいう」とあります。この場所は、江戸城外郭門の一つである「筋違御門」のあった所で、将軍が上野の寛永寺に墓参するために通っていたため「御成道」と呼ばれていました。
見附内の広場は筋違、昌平橋、駿河台、小川町、連雀町、日本橋通り、小柳町(須田町)、柳原の各口に通じていたため「八つ小路」と呼ばれ江戸でも賑やかな場所だったそうです。また、明治時代も万世橋停車場が設けられ、賑っていたと伝えられています。

昌平橋から万世橋を臨む
昌平橋から万世橋を臨む

御成道
御成道

説明板
説明板

東京都千代田区神田須田町1-25付近
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。