烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神田明神へ参拝しました。

 以前も紹介しましたが、久しぶりに神田明神に参拝してきました。
 神田明神は社伝によれば、天平2年(730)に武蔵国豊島郡芝崎村に入植してきた出雲系の氏族が、大己貴命(大国主命・大黒さま)を祀ったのが始めと言われています。
 元は大手町辺りにあり、承平5年(935)に起こった「平将門の乱」で敗死した将門の首が京より持ち帰られ、神社の近くに葬られますが、疫病が流行すると、これが将門の祟りであるとされ、延慶2年(1309)に将門が相殿神として祀られます。以降、神田明神は関東に独立国家設立を目指した将門を祀る神社として武士たちの厚い信仰を受けてきます。
 江戸時代に入ると江戸城増築に伴い慶長8年に神田台へ、さらに元和2年に現在地へ遷座しますが、江戸総鎮守として人々に尊崇されてきました。江戸三大祭りの一つである神田祭は神田明神の祭礼で、山車は将軍上覧のために江戸城中に入ったので、「天下祭」とも呼ばれてきました。
 江戸時代に造営された荘厳な社殿は、大正12年(1923)の関東大震災で焼失し、その後、当時としては珍しい鉄骨鉄筋コンクリート造で権現造を模した社殿が再建されます。そのため、昭和20年(1945)の東京大空襲でも、境内に焼夷弾が落ちたにもかかわらず焼失を免れたそうです。
 なお、神田明神に祀られていた平将門は、明治7年、明治天皇が行幸するにあたって、天皇に反逆した逆臣であるとして祭神から外され、代わりに少彦名命(えびす様)が茨城県の大洗磯前神社から勧請されます。平将門の神霊は境内摂社に遷されていましたが、昭和59年(1984)になって、ようやく本社祭神に復帰したそうです。

神田明神の入口である「隨神門」は昭和50年に昭和天皇御即位50年の記念事業として新たに再建されたものです。

隨神門
隨神門

 現在の社殿は昭和9年に建設された権現造の建物で、当時としては画期的な鉄骨鉄筋コンクリート・総朱漆塗の社殿です。江戸開府四〇〇年記念して平成15年9月に国登録有形文化財に登録されています。

社殿
社殿

 境内の「だいこく様尊像」は昭和51年に完成。高さ6,6メートル重さ約30トンで石造りとしては日本一の「だいこく像」だそうです。

だいこく様尊像
だいこく様尊像

 境内の鳳凰殿のとなりに、祭神「えびす様」のご尊像が建立されています。えびす様こと少彦名命は、神話によると木の実を舟にして海の彼方にある常世から来訪された小さな神様と伝えられています。だいこく様と協力して、日本の国を造った神様で、人々に医薬の道を教え、酒造りなど豊かな知恵を授けた福の神でもあります。

.えびす様尊像
えびす様尊像


東京都千代田区外神田2丁目16番2号
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 14:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。