烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明治33年の中川亀三郎邸跡へ行く

 明治33年1月に発行された方円社の「囲碁段級人名録」に前社長・中川亀三郎の住所が記載されています。丁度一年前に巌埼健造に社長の座を譲り、第一戦を退いた中川亀三郎が住んでいた住所は「東京市神田区五軒町2番地」と記載されています。後日、紹介しますが近くに中川が社長時代の方円社があった場所があります。さっそく現地に行って見ることにしました。

囲碁段級人名録(明治33年1月発行)より
囲碁段級人名録(明治33年1月発行)より

 東京メトロ「末広町駅」4番出口を出ると、すぐ近くに「五軒町」の町名由来板が設置されています。
 由来版によると、江戸時代、この界隈には、上総久留里藩黒田家上屋敷、下野黒羽藩大関家上屋敷、安房勝山藩酒井家上屋敷、播磨林田藩建部家上屋敷、信濃上田藩松平家下屋敷と、五つの大名屋敷が並んでいたため、「五軒町」と呼ばれていたそうです。
 明治時代には屋敷は無くなりますが、明治五年(1872)には神田五軒町と名付けられ、人家が立ち並ぶようになります。 明治三十年代には、てんぷらの名店や寄席などができ賑わっていたそうで、その一角に亀三郎は住んでいた事になります。五軒町の現在の住所は外神田六丁目となっています。

東京メトロ「末広町駅」4番出口
東京メトロ「末広町駅」4番出口

五軒町説明板
「五軒町」町名由来板

 明治時代の地図を見ると亀三郎邸のあった場所は「練成小学校」のすぐ南側であったことが分かります。「練成小学校」は後に「練成中学校」に変わり、中学校が平成17年に廃校となった後は「アーツ千代田 3331」という文化芸術施設になっています。現在は明治ごろと道路の様子も違っていてピンポイントで場所を特定することは出来ませんでしたが、旧校舎の南側を眺め当時を偲ぶことが出来ました。

アーツ千代田 3331(旧練成中学校)
アーツ千代田 3331(旧練成中学校)

アーツ千代田 3331の南側
アーツ千代田 3331の南側


アーツ千代田 3331 : 東京都千代田区外神田6丁目11-14
スポンサーサイト

| 方円社 | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。