烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅若公園 榎本武揚像と梅若塚

 東白鬚公園から防災団地を挟んで反対側に「梅若公園」という小さな公園があります。このあたりは木母寺の旧境内で、公園内には榎本武揚像が建立されていました。
 榎本武揚は天保7年(1836)、下谷の通称三味線堀に生まれます。学問を好み昌平校で儒学を、さらに、江川太郎左衛門にオランダ語、英語を学びます。海軍伝習所が開設されると入所し、洋式海軍技術・蒸気機関・機械製造などの技術を習得します。
 文久2年(1862)にオランダへ留学し国際法規などを学ぶと、帰国後、軍艦奉行、海軍副総裁を歴任。幕府海軍の中心人物となり、幕府崩壊後は軍艦を率いて函館の五稜郭を拠点に新政府軍と抗戦しますが敗北し捕えられます。しかし、新政府内では榎本を評価する人物も多く助命嘆願活動が行われ、明治5年に出獄すると新政府に登用されます。
 明治7年(1874)には駐露特命全権公使となり、交渉が難航していた「樺太・千島交換条約」締結に成功。帰国後は逓信大臣、文部大臣、外務大臣、農商務大臣を歴任し政府の中枢で活躍しています。
 晩年は向島に住み、乗馬をするなど悠悠自適の生活をおくり明治41年に73歳で亡くなっています。
 榎本武揚像は、大正2年(1913)に木母寺の旧境内である現在地に建てられています。建立にあたっては、大隈重信や大倉喜八郎、渋沢栄一など政財界の有力者が協力したそうです。

榎本武揚像
榎本武揚像。後ろに見えるのが防災団地。

 梅若公園内には、先日紹介した「梅若塚」の跡地も残されています。梅若丸を葬った場所と言われる梅若塚は、昭和51年に、都市再開発事業で防災団地が建設されるにあたり、木母寺と共に現在地に移設しています。

梅若塚跡
梅若塚跡

東京都墨田区堤通2丁目6-10
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 13:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。