烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

隅田宿跡(白鬚東公園)

 隅田川の東岸、白髭橋と水神大橋の間は防災エリアとして再開発され、屏風の高層団地と隅田川の間が白鬚東公園となっています。
 この場所は、隅田川を渡るに適した場所で、交通の要所として、平安時代の末頃には隅田宿が成立していたといわれています。
 吾妻鏡によると隅田宿は、治承4年(1180)に源頼朝が布陣したと伝わる場所で、元来は江戸氏など中世武士団の 軍事拠点であったと考えられています。
 隅田川神社近くの公園内に墨田区教育委員会による説明板がありました。

隅田宿跡(白鬚東公園)
隅田宿跡(白鬚東公園)

隅田宿跡説明板
隅田宿跡説明板

墨田区堤通二丁目二番 都立白鬚公園
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。