烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三条実美別邸 対鴎荘跡

 白髭橋西詰めに「明治天皇行幸対鴎荘遺蹟」の石碑が建立されています。
 対鴎荘は明治時代の政治家三条実美の別邸です。
 「征韓論」をめぐり、政府内で対立が続いていた明治6年(1873)10月、太政大臣の要職にあった実美は心労のあまり病に倒れ、この別邸で静養しています。同年12月19日明治天皇は病床の実美を気遣い、対鴎荘を訪れています。
 碑は、この事績を顕彰して建立されたものです。

白鬚橋
白鬚橋西詰

対鴎荘跡
対鴎荘跡


台東区橋場2-1
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 14:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。