烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

待乳山聖天(本龍寺)

 浅草の浅草神社から北東へしばらく歩いた所にある本龍院は、聖観音宗の寺院で、浅草寺の子院のひとつです。山号は待乳山で、本尊は歓喜天(聖天)・十一面観音。別名「待乳山聖天(まつちやましょうでん)」とも呼ばれています。
 本龍院は隅田川べりの待乳山と呼ばれる小高い丘にあります。この丘は推古天皇3年(595)に出現し、龍が守護していたと伝えられ、この地方が干ばつに見舞われたとき、歓喜天と十一面観音が安置されたと伝わっていて、関東三聖天の一つに上げられています。また、境内には浅草名所七福神のうち毘沙門天が祀られています。
 本龍院境内各所に、この寺のシンボルである巾着や大根を見る事ができます。これは、祈願することによって得られる御利益を端的に表したものだそうです。二又大根は身体の健康と良縁成就、夫婦円満を表し、巾着は財宝で商売繁盛を表しています。毎年1月にはご本尊にお供えされた大根を、フロふきにして、御神酒と共に参拝客に振る舞う「大根まつり」が行われています。

待乳山聖天入口
神社入口

待乳山聖天本堂
本堂

待乳山聖天のシンボル、二又大根と巾着
待乳山聖天のシンボル、二又大根と巾着

巾着と大根がデザインされた石段
巾着と大根がデザインされた石段

境内の提灯
二又大根がデザインされた境内の提灯


東京都台東区浅草7-4-1
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。