烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

千登世橋 来島良亮像

 目白通りに架かる千登世橋は下に明治通りが通る立体交差の橋です。昭和8年に開通したアーチ状の橋は幹線同士の立体交差では東京で最も古いものですが技術的にも優れ、現在も現役です。



 橋の東詰にハンマーとスコップを持った人物の像があります。像の主は来島良亮とあり調べてみると千登世橋を架けるのに大きく貢献した当時の東京府土木部長で関東大震災後の東京の都市計画を策定した土木技術者だそうです。



 



Dsc_1339 Dsc_1337



千登世橋



 



Dsc_1336



来島良亮像

スポンサーサイト

| 東京散歩 | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/113-32c0c9d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。