烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大隈重信襲撃犯 来島恒喜

 明治時代の右翼活動家・来島恒喜は安政6年(1860)に福岡藩士・来島又右衛門の二男として福岡に生まれます。
 明治16年(1883)に上京し中江兆民に仏語を学んだ後、頭山満率いる玄洋社社員となります。
一時期、小笠原諸島に渡り、政府により流されていた朝鮮の革命家・金玉均に会い、朝鮮の政治改革について語り合ったといいます。
 その後、日本への不平等条約解消のために外務大臣の大隈重信が中心になってとりまとめた条約改正案に反対し玄洋社を退社したうえで、明治22年(1889)に帰宅中の大隈が乗る馬車に爆弾を投げつけ暗殺しようとします。大隈は一命を取り留めるものの右足切断の重傷を負い大臣を辞任。当時の黒田内閣も騒動のため総辞職となったため条約改正は頓挫します。
 一方、来島は爆弾が炸裂すると同時に、短刀で喉を突き自害し31歳の生涯を閉じています。
 当時、来島の行動に一定の理解を示す人も多かったようで谷中霊園には来島恒喜の墓がありますが、最初の墓は勝海舟により建てられたものです。その後に墓は頭山満により建替えられたそうで、墓に刻まれた文字は頭山満によるものです。また、勝海舟が建てた墓石は現在の墓の脇に横たえられているそうですが取材時は気づかなくて、塀に隠れて写真には写っていません。

来島恒喜の墓

東京都台東区谷中 谷中霊園 乙10号17

スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。