烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明治大学創立者 岸本辰雄

 谷中霊園には明治大学(明治法律学校)の創業者で初代校長・岸本辰雄の墓があります。
 鳥取で藩士の子として生まれた辰雄は明治3年に「大学南校」(後の東京大学)へ鳥取藩の推薦を受けて入学し、翌年、フランス法を専門とした法律家養成機関である司法省法学校に第一期生として入学します。
 その後、フランス留学を経て、帰国後、留学仲間である宮城浩蔵、矢代操とともに「明治法律学校」を設立。辰雄は初代校長となります。
 なお、学校設立にあたっては出身の鳥取藩最後の藩主池田慶徳の息子・池田輝知と慶徳の異母兄弟である旧島原藩主・松平忠知が財政的支援をしています。ちなみに慶徳と忠知は共に養子で、実の父は水戸藩主・徳川斉昭。つまり、最後の将軍・徳川慶喜の兄弟です。
 明治45年 (1912)に市電で大学へ向かう途中に脳溢血で倒れ亡くなっています。

岸本辰雄の墓

関連記事
 明治大学発祥の地
 明治大学創設者 岸本辰雄

東京都台東区谷中 谷中霊園 乙 4号 9側
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。