烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

王政復古派の公家 大原重徳

 大原重徳は幕末から明治にかけて活躍した公家です。
 権中納言・大原重尹の五男として京に生まれ、文化12年(1815)に宮中に昇り孝明天皇に重用されます。
 安政5年(1858)に日米修好通商条約調印の勅許を求めて老中・堀田正睦が上洛すると、岩倉具視らと反対して謹慎となります。文久2年(1862)に薩摩藩の島津久光が上洛すると赦免され、勅使として薩摩藩兵と共に江戸へ赴き幕府に攘夷決行を迫るとともに、一橋慶喜(徳川慶喜)の将軍後見職就任、前福井藩主・松平春嶽の政事総裁職への就任を実現させています。
 王政復古派の公家として活躍した重徳は、明治元年(1868)には従二位・権中納言に進み、参与・議定など新政府の役職を務めた後、明治3年に役職を退き明治12年(1879)に79歳で亡くなっています。

大原重徳の墓

東京都台東区谷中 谷中霊園 乙 6号 5側
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。