烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

聖ニコライ

ニコライ堂
ニコライ堂

ニコライ
ニコライの墓(谷中霊園)

 東京都千代田区神田駿河台にあるニコライ堂(東京復活大聖堂教会)は、日本正教会の中心(首座主教座大聖堂)です。
 日本最大級のビザンティン様式の教会でコンドルによる設計で明治24年(1891)に竣工。関東大震災により一部外観が変更された形で修復されます。国の重要文化財に指定され、御茶ノ水界隈のシンボル的な建物として親しまれています。
 谷中霊園には、ニコライ堂を建設し、その名を遺したニコライ・カサートキンの墓があります。
 ロシア人のニコライは、日本での正教布教を志し、1861年に函館の在日本ロシア領事館へ赴任します。ニコライは日本を理解するため、元大館藩軍医の木村謙斉や、後に同志社を創設する新島襄から日本語、日本史などを学び、学僧からは仏教も学んでいます。新島襄は代わりにニコライから英語と世界情勢を教わったそうです。
 明治5年(1873)に、明治政府がキリスト教の禁教令を廃止すると、ニコライは拠点を東京に移し、各地で布教活動を行います。明治13年にニコライは主教(カトリックにおける司教)に叙聖され、主教以下、掌院1名、司祭6名、輔祭1名、伝教者79名、信徒総数6,099名、教会数96、講義所263と一大勢力を築きます。そして、明治24年には、紆余曲折を経て、東京・神田駿河台に、「ニコライ堂」の通称で親しまれている東京復活大聖堂教会が完成します。
 明治37年(1904)、故郷であるロシアと日本との戦争が避けがたい状況になってくると、ニコライは、2月7日に司祭と信者の集会を開き、日本に留まると宣言します。日露戦争の開戦(旅順口攻撃)は翌日のことだったそうです。ニコライの宣言を受けて内務大臣、文部大臣は、正教徒とロシア人の身辺の安全を守るように指示したため被害を受けるものはいなかったそうです。
 明治44年(1911)、ニコライが来日して50年たったこの年、大主教への昇叙を祝って盛大な祝典が行われています。しかし、翌年の明治45年(1912)2月16日に日本での伝道に生涯を捧げたニコライは、神田駿河台の正教会で76歳の生涯を閉じます。
 昭和45年(1970)には日本の亜使徒、大主教ニコライは聖人の列に加えられています。

ニコライの墓 : 東京都台東区谷中 谷中霊園 乙2号 新1側
ニコライ堂 : 千代田区 神田 駿河台4-1
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。