烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南禅寺塔頭 天授庵

 南禅寺の塔頭・天授庵は暦応2年(1339)に虎関師錬が南禅寺開山無関普門(大明国師)の塔所が無かった事から光厳天皇の勅許により建立されます。
 戦国時代に入り荒廃しますが慶長7年(1602)に細川幽斎により再興されています。



Imag3881
天授庵全景(南禅寺三門より)




Imag3889
三門




 方丈前庭(東庭)は小堀遠州の作庭と言われ、白砂の庭を苔に縁取られた菱形の畳石が特徴の枯山水庭園です。




Imag3891
方丈前園




Imag3900
天授庵




 書院南庭は池泉回遊式庭園で、明治時代に改修されていますが南北朝時代の面影を残す庭園です。




Imag3895
書院南庭




 方丈は細川幽斎により再興された柿皮葺屋根の建物で、内部には非公開ですが長谷川等伯筆の障壁画で飾られているそうです。




Imag3896
方丈




京都府京都市左京区南禅寺福地町86-8



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/111-d233f91d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。