烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日立製作所創業者 小平浪平

 谷中霊園には日立製作所の創業者である小平浪平の墓があります。
 東京帝国大学工科大学電気工学科(現東京大学工学部)を卒業した小平は、藤田組小坂鉱山に電気主任技術者として入社し、水力発電所の建設に関わります。鉱山開発には送風機などを動かす電気が必要で発電所建設がセットで建設されていました。
 小平は、日本が発展していくためには国産の発電機の開発が必要であると考え、広島水力電気株式会社(他の電力会社と合併して現在は中国電力)、東京電燈株式会社(現東京電力)と転職していきますが、当時の電力会社は発電機は全て外国製で自主開発は困難な状態でした。
 そうした中、1906年に、元勤務先の久原鉱業(旧藤田組)を経営する久原房之助に誘われて再入社した小平は、茨城県にある日立鉱山の工作課長として鉱山の土木建築工事、機械・電気設備の設計などを指揮すると共に、水力発電所の建設を行います。
 そして、電気機器の故障に備えて修理工場を設立。そこに、高尾直三郎、馬場粂夫など東京帝大電気工学科卒の優秀なエンジニアを入社させ、その工場で明治43年(1910)に国産初の5馬力モーターを完成させます。社外からも受注を始めた工場は1912年に久原鉱業株式会社日立製作所となり、1920年には株式会社日立製作所として独立、浪平は初代社長となっています。
 ちなみに、日立製作所を生んだ久原鉱業は後に経営に行き詰まり久原房之助は義兄の鮎川義介に経営譲渡。鮎川は株式公開により資金を調達し多角経営により再建に成功。戦前に存在した日本十五大財閥のひとつ「日産コンツェルン」となります。日産といえば現在では「日産自動車」のことですが、この他に現在ガソリンスタンドの「エネオス」で有名なJXホールディングス(合併前のJOMOで知られる「ジャパンエナジー」)もグループで、もちろん日立も「日産コンツェルン」に属していました。現在でも資本関係はありませんが、「春光会」と呼ばれる社長会が開かれているそうです。
 日立製作所は第二次世界中、軍需工場の役割も果たしていたため、戦後、小平は公職追放となり社長を退任。1951年に追放解除により相談役に就任しますが、。同年に77歳で亡くなっています。

小平浪平の墓
小平浪平の墓

東京都台東区谷中 谷中霊園 甲8号 12側
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。