烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初代大審院長 玉乃世履

 玉乃世履は、幕末の岩国藩士で、藩命で京都に遊学し一流の学者に学ぶ一方、頼三樹三郎、梅田雲浜ら勤王の志士とも交流しています。
 岩国に帰郷後、儒学者として活躍する一方、西洋兵学の必要性を説き農兵を組織します。この農兵は慶応2年(1866)の第2次長州征伐で幕府軍を撃退するなど活躍しています。
 明治維新後、新政府に出仕した玉乃は、司法権大判事などを経て、明治8年(1875)に現在の最高裁判所にあたる大審院が設置されると、初代大審院長に就任します。
 公平で温情ある裁きから「今大岡」と呼ばれた玉乃でしたが、明治19年8月8日に突然自殺しています。享年62。墓は谷中霊園にあります。

玉乃世履の墓
玉乃世履の墓

玉乃世履之碑
玉乃世履之碑

東京都台東区谷中 谷中霊園  甲9号 17側
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。