烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第19代横綱 常陸山谷右エ門 (五代目出羽海)

 谷中霊園に五代目出羽海こと、第19代横綱・常陸山 谷右エ門の墓があります。
 茨城県水戸市出身の常陸山は、明治23(1890)年に出羽ノ海の門に入門。明治25(1892)年6月に御西山の名で初土俵を踏みます。 明治27(1894)年1月には師匠の現役時代の名をもらい常陸山と改名しています。
 しかし、明治28(1895)年に師匠の姪と交際したものの破断となり部屋に居づらくなり、巡業中に脱走。大阪相撲に加入します。
 明治30(1897)年春頃に東京相撲への復帰を許されると、 明治32(1899)年1月に新入幕を果たし順調に昇進し、明治34(1891)年5月に大関に昇進、明治36(1893)年5月場所で全勝優勝を果たし横綱に推挙されます。
 常陸山は横綱推挙の際に全勝同士の対決で破った梅ヶ谷藤太郎も一緒に昇進させてほしいと希望し、 梅ヶ谷も横綱へ同時昇進。「梅常陸時代」と呼ばれる明治時代後期の相撲黄金時代を築きます。
 大正3年(1914)6月に引退し出羽ノ海を襲名し、栃木山守也、大錦卯一郎、常ノ花寛市の3人の横綱を育てるなどし、 大正11(1922)年6月19日に亡くなっています。
 常陸山の取り口は相手に十分に取らせてから反撃するいわゆる「横綱相撲」で、この様な相撲が出来るほど圧倒的な力量があったと言われます。現在でも常陸山の取り口が横綱の理想的な取り口として要求され続けています。また、力士の社会的地位向上に取り組み、大相撲を、単なる興行から国技と呼ばれるほどまでに押し上げています。常陸山は、こうした功績から「角聖」「御大」と称されています。
 また、相撲部屋といえば「ちゃんこ鍋」が有名ですが、栄養バランスの良い鍋料理を相撲部屋に取り入れ普及させたのは常陸山であると言われています。

五代目・出羽海の墓


東京都台東区谷中 谷中霊園  甲13号 2側
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。