烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青雲寺

 西日暮里にある青雲寺は、臨済宗の寺院で浄居山と号し、宝暦年間に堀田相模守正亮の中興と伝えられています。江戸時代の中頃より、この一帯は「日ぐらしの里」と呼ばれ、景勝地として人々に親しまれてきました。四季折々の花を楽しむ人々で賑わい、青雲寺は修性院・妙隆寺(現、身延山関東別院玉川寺)などとともに、花見寺とも称されていたそうです。
 多くの文人たちも訪れ、青雲寺境内には、「南総里見八犬伝」で有名な滝沢馬琴の筆塚の碑(文化6年)や、硯塚の碑(寛政10年)、日暮里船繋松の碑など、江戸を代表する文人の碑が多く残されています。また、現在谷中七福神のひとつ「恵比寿」が祀られています。

青雲寺
青雲寺

滝沢馬琴筆塚の碑
滝沢馬琴筆塚の碑

滝沢馬琴硯塚の碑
滝沢馬琴硯塚の碑


荒川区西日暮里3-6-4
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。