烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

浄光寺(雪見寺)

 浄光寺は、真言宗豊山派の寺院で、「法輪山法幢院」と称して江戸時代までは隣接する諏訪神社の別当寺でした。
 元文2年(1737)、八代将軍徳川吉宗が鷹狩の際にお成りになり、以降御膳所となります。境内には「将軍腰かけの石」が残されています。
 眺望に優れたこの場所は、特に雪景色がすばらしく「雪見寺」とも呼ばれていました。

浄光寺山門
浄光寺山門

 山門をくぐって左手に、銅造地蔵菩薩があります。元禄4年(1691)に無空上人により江戸東部六ヶ所に「江戸六地蔵」が開眼されますが、浄光寺の地蔵は3番目の地蔵だそうです。

銅造地蔵菩薩
銅造地蔵菩薩

境内に「福神漬顕彰碑」が建立されていました。カレーライスに添えられる「福神漬」は明治初頭に上野の漬物店「山田屋」(現在の酒悦)の店主・第15代野田清右衛門が考案した漬物です。不忍池の弁財天にちなみ、数々の野菜を七福神に見立て、当時の流行作家「梅亭金鵞」が名付けたと言われています。
 現在は子孫の方により別の場所に移されてしまいましたが、かつては浄光寺の墓地に野田清右衛門の墓があったそうで、碑もその頃に建立されました。墓は移されましたが碑は大きすぎたため、そのまま残されたそうです。

福神漬顕彰碑
福神漬顕彰碑


荒川区西日暮里3-4-3
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。