烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上野戦争の傷跡 経王寺

 西日暮里にある経王寺は日蓮宗の寺院で山号を大黒山と称します。明暦元年(1655)に豪農冠勝平が要詮院日慶のために創建したと言われています。本堂の隣りの大黒堂には日蓮上人の作と伝えられる大黒天が祀られ人々の崇敬を広くあつめてきました。
 慶応4年(1868)の上野戦争の際、敗走する彰義隊士を匿ったため、新政府軍の攻撃を受けています。山門には現在も当時の銃弾の跡が残っています。

経王寺山門
経王寺山門

山門に残る銃弾の跡
山門に残る銃弾の跡

経王寺本堂
経王寺本堂


東京都荒川区西日暮里3丁目2−6
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。