烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

聖蹟公園(品川宿本陣跡)

 品川宿は、東海道五十三次の第一番目の宿駅として繁栄してきました。北品川の「聖蹟公園」は、その本陣跡で、参勤交代の諸大名や、公家、門跡の宿泊・休息所として賑っていました。
 明治元年(1868)明治天皇の江戸行幸の際には行在所(宿舎)として使用されています。
 明治5年(1872)に宿駅制度が廃止されると、警視庁病院などに利用されてきましたが、昭和13年(1938)に東京市により公園が整備され「聖蹟公園」と命名されました。

聖蹟公園入口
聖蹟公園入口

品川宿本陣跡碑
品川宿本陣跡碑

聖蹟公園
聖蹟公園

「聖徳の碑」は東京市品川聖蹟公園が開園するまでの、明治天皇品川聖蹟保存会の活動が記録された碑です。

聖徳の碑
聖徳の碑

 「聖蹟公園由来の碑」は、昭和13年(1938)に聖蹟公園が整備され開園するにあたり、その由来を記した碑を当時の東京市が建てたものです。

聖蹟公園由来の碑
聖蹟公園由来の碑

 「御聖蹟の碑」も昭和13年(1938)に聖蹟公園が整備され開園するにあたり設置された碑です。

御聖蹟の碑
御聖蹟の碑


北品川二丁目7-21
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。