烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

問答河岸跡

 北品川駅前付近の「北品川本通り商店街」は、かつての東海道の品川宿の一部で、約7mの道幅は江戸時代そのままだそうです。

北品川本通り商店街
北品川本通り商店街

 北品川本通り商店街の一画に「問答河岸跡」の碑が建っています。
 かって海岸先に波止場があり、3代将軍徳川家光が東海寺に入るとき、沢庵和尚が迎え出て無理問答をした故事に因んでいます。

家光「海近くして東(遠)海寺とはこれ如何に」
沢庵「大軍を率いても将(小)軍と言うが如し」
  

 品川の東海寺は沢庵和尚に帰依した家光が、和尚のために建立した寺院で、「沢庵漬」発祥の地の伝承がある寺院です。

問答河岸跡
問答河岸跡

問答河岸跡の碑
問答河岸跡の碑


問答河岸跡の碑:東京都品川区北品川1丁目22 北品川どうぶつ病院角
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。