烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

品川神社

 品川神社は平安時代末期の文治3年(1187)に源頼朝公が創建した神社です。
 慶長5年(1600)に徳川家康公が関ケ原の戦いへ出陣する際に参拝し勝利、御礼として神輿などが奉納され、以降、将軍家の庇護を受けてきます。
 また、明治に入ると明治天皇により東京の安寧と国家の繁栄を祈願する「東京十社」の一つに定められています。

 品川神社入口にある鳥居は龍の彫刻が施された全国的にも珍しい鳥居です。

品川神社鳥居
品川神社鳥居

 本殿には、東海七福神の一つとして大黒天が祀られ、入口の鳥居の隣りに大黒天の像が建立されています。


大黒天
大黒天

 鳥居をくぐり石段を上がっていくと石段の左手斜面に富士塚があります。富士塚は江戸時代に盛んだった富士信仰の集団、富士講が築いた築山です。品川神社の富士塚は明治2年に造られますが、神仏分離政策により一時破壊され、明治5年に再築されています。また、石段を上がり切った境内の左側には富士塚の山頂があり、その隣りには摂社の浅間神社があります。浅間神社は富士山を神として祀る神社です。

浅間神社
浅間神社と富士塚

品川神社拝殿
品川神社拝殿

 品川神社境内には舞殿もあります。品川神社では「品川神社太々神楽」という独特の神楽が奉納され、都の無形文化財に指定されています。

品川神社舞殿
品川神社舞殿


東京都品川区北品川三丁目7番15号
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。