烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

源頼朝の墓

 鎌倉幕府を開き武家政治の基礎を築いた源頼朝は、建久9年(1199)12月27日に、相模川にかけた橋の完成祝いに出席した帰りに稲村ガ崎で落馬したと言われ、翌年の建久10年(1199)1月13日に53歳で亡くなります。ただ、頼朝の死の詳細は鎌倉幕府の公式記録「吾妻鏡」にも記録されていないため暗殺説がある等、謎に包まれています。
 頼朝は大倉御所(幕府)の北隅にあった自身の持仏を祀った法華堂(現在の白旗神社)に葬むられ、法華堂は頼朝の墓所として厚く信仰されていました。しかし、後に法華堂は廃絶となります。現在の墓は、江戸時代に島津氏によって建てられたものです。

源頼朝の墓所入口
源頼朝の墓所入口

白旗神社
白旗神社(かつての頼朝の墓である法華堂跡に頼朝を祭神として建立された神社)

源氏の家紋
墓所へ上がる石段の手すりにデザインされた源氏の家紋「竜胆紋」

源頼朝の墓
源頼朝の墓


鎌倉市西御門2−5−2
スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。