烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

畠山重忠邸跡

 鶴岡八幡宮の流鏑馬馬場の東の鳥居を出たところに畠山重忠邸跡の石碑が建てられています。この辺りに源頼朝に仕えた武将・畠山重忠の屋敷があったそうです。
 畠山重忠は、武蔵国(埼玉県)の武将で治承4年(1180)に頼朝が挙兵した際には平家方の大庭景親に従って戦いますが、頼朝が安房に渡って体制を整えると頼朝に従い、頼朝の鎌倉入りでは先陣を勤めます。
 怪力の持ち主として知られ、宇治川の合戦では、おぼれかけた大串重親を岸にほうり投げたといい、一ノ谷の合戦のひよどり越えでは、愛馬を背負っておりたという伝説が残っています。
 また、源義経の愛妾・静御前が鶴岡八幡宮の若宮回廊において、頼朝に舞を披露した際には、工藤祐経が鼓を、重忠が銅拍子を担当したとも言われています。
 頼朝の信頼を得て段葛や佐助稲荷神社の造営を任されるなど活躍しますが、頼朝が亡くなると勢力拡大を狙う初代執権・北条時政に騙され、領地から鎌倉に赴く途中、武蔵国二俣川(現在の横浜市旭区)で討死します。(畠山重忠の乱)
 重忠は北条時政にとって娘婿にあたりましたが、時政の後妻・牧の方と、その娘婿・平賀朝雅の諌言により謀殺を決意したと伝えられています。
 清廉潔白な人柄で「坂東武士の鑑」と称された重忠が謀反の疑いを懸けられ亡くなると、北条時政は北条氏に不満を持つ御家人たちの反感を買います。また、平賀朝雅を3代将軍実朝暗殺後に次期将軍に擁立しようと画策したことから、娘の北条政子と息子の北条義時(第二代執権)により伊豆へ追放され政治生命を絶たれています。

畠山重忠邸跡
畠山重忠邸跡

畠山重忠邸跡の碑
畠山重忠邸跡の碑

 余談ですが、畠山氏は重忠と共に息子たちも殺害されたため断絶となります。しかし、重忠の妻(北条時政の娘)が源氏の支流・足利家の足利義純と再婚すると義純は畠山姓を名乗るようになります。その庶流が河内守護となり、渋川、そして安井姓を名乗るようになります。それが、道頓堀を築いた安井道頓、道卜や囲碁家元・安井家の初代安井算哲のルーツとなるのです。


鎌倉市雪ノ下3-2-19付近で,八幡宮の流鏑馬道の東側入口
スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 07:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/05/11 22:37 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。