烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本覚寺(鎌倉)

 鎌倉の本覚寺のある場所は鎌倉幕府の裏鬼門にあたる場所で、源頼朝が鎮守として夷堂を建てたのが始まりで、その後に佐渡へ配流されていた日蓮上人が鎌倉へ戻ってきた際に、その夷堂に住み込み布教を再開したと言われます。
 後に鎌倉公方・足利持氏が、日出上人を開山として本覚寺を建立。二代目住職の日朝上人が身延山から日蓮上人の遺骨を分骨したことから「東身廷」と呼ばれるようになります。
 日朝上人は「眼を治す仏」といわれ、本覚寺は眼病に効く寺「日朝さま」の愛称で知られています。

 取材時は残念ながら本堂が工事中のため幕で覆われ拝むことが出来ませんでした。

本覚寺山門
本覚寺仁王門

日蓮御分骨堂
日蓮御分骨堂

 本覚寺の起源となった夷堂は当初、現在の仁王門の前辺りにあったといわれています。
 本覚寺が建立されると夷堂は本覚寺の中に移されますが、明治になると神仏分離令が出されたため、夷堂は移転し蛭子神社に合祀されています。そして、昭和56年(1981)に本覚寺内に再び夷堂が再建されました。

夷堂
夷堂

 本覚寺境内には、鎌倉時代末期から南北朝時代初期に鎌倉にて活躍した刀工・五郎入道正宗(岡崎正宗)の墓があります。
 日本刀剣史上もっとも著名な刀工の一人で「相州伝」と称される作風を確立、多くの弟子を育成します。「正宗」の名は日本刀の代名詞になっています。
 「正宗」という名は幼い頃に出会った日蓮上人に大変かわいがられ贈られた名前だと言われています。

岡崎五郎正宗の墓
岡崎五郎正宗の墓

五郎入道正宗碑
五郎入道正宗碑


神奈川県鎌倉市小町1-12-12
スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 18:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。