烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

円覚寺の洪鐘(梵鐘)

 鎌倉の円覚寺にある洪鐘(梵鐘)は、正安3年(1301)に北条貞時が国家安泰を祈って鋳造、寄進されたもので国宝に指定されています。
 物部国光の作で、形が雄大でありながら細部にまで緻密な神経がゆきとどいた鎌倉時代後期を代表する梵鐘です。

円覚寺洪鐘へと向かう道
円覚寺の洪鐘へと向かう道

円覚寺洪鐘
国宝洪鐘(梵鐘)

 洪鐘(梵鐘)の前にある弁天堂は、洪鐘鋳造の際、江の島弁財天の加護によって無事完成したと伝えられた事に由来し建立されました。
 洪鐘完成以来、61年目ごとに3日間弁財天像が公開される「洪鐘祭」が現在まで続いています。

円覚寺弁天堂
円覚寺弁天堂

鎌倉市山ノ内 円覚寺境内
スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 05:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。