烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安井家の菩提寺 浄心寺

 安井家の菩提寺である江東区平野2丁目にある浄心寺もホームページのみで紹介していました。
 浄心寺は万治元年(1658)に四代将軍德川家綱の乳母三沢局の冥福のために、三沢局が帰依していた通遠院日義を開山として創建されました。
 德川家綱から寺領100石の御朱印状を拝領、宝暦三年(1753)には身延山の祖師像・七両天女像の出開帳が浄心寺でおこなわれ、身延山の弘通所と呼ばれます。また、将軍家より十万石の格式を許され、江戸十祖師の随一といわれた名刹です。
 囲碁家元の安井家は明治に入り、十世算英の実子、昌三は碁が強くなく、後継を決められないまま算英が亡くなり家元としての安井家は途絶えます。昌三は明治42年(1909)に浄心寺に「安井家歴代之墓」を建て、十一世安井昌三立石と刻んでいます。なお、墓地は自由に出入り出来ませんのでお参りしたい方はお寺への相談が必要でしょう。

浄心寺
浄心寺山門

浄心寺
浄心寺

東京都江東区平野2丁目4−25
スポンサーサイト

| 安井家 | 09:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。