烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蓮教寺 原爆下の対局ゆかりの寺

 宮島の取材の後、「広電宮島口駅」から「広電廿日市駅」へと向かいました。駅近くにある「蓮教寺」を訪れるためです。
 裏通りに面して閑静な場所にある「蓮教寺」は浄土真宗本願寺派の古刹で、現在の広島市佐伯区から江戸初期にこの地に移っています。
 境内にあるソテツの大樹はもとは、近くにあった津和野藩御船屋敷に植えられていたものだそうです。昭和60年に市天然記念物に指定されています。

 「蓮教寺」は昭和20年の原爆投下時に広島で行われていた第3期本因坊戦、いわゆる「原爆下の対局」ゆかりの寺でもあります。
 「原爆下の対局」については以前も紹介しましたが、第二期本因坊・橋本宇太郎に岩本薫七段が挑んだ対局で、当初、爆心地近くにあった当時の日本棋院広島支部長の藤井氏の別邸(現在の広島平和公園内)で開催されます。広島が選ばれた理由は橋本宇太郎の師匠・瀬越憲作の故郷で疎開先であったためだそうです。
 しかし、7月23日から3日間行われた第一局では、米軍機の機銃掃射が会場の建物に当たるなど危険な状態であったため、第二局以降は市内から10kmほど離れた佐伯郡五日市町吉見園(現広島市佐伯区吉見園)へと会場が変更になります。そして、第二局の三日目である8月6日、午前8時15分、この日の対局が始められた直後に人類史上初の原爆が投下されます。
 爆心地から10kmも離れた本因坊戦会場でも、碁石は飛び、窓ガラスは粉々になったと言われています。また、橋本昭宇本因坊は吹き飛ばされ、庭にうずくまっていたそうです。
 しかし、対局は一時中断されますが、部屋を清掃後に再開され、対局者に動揺はあったものの最後まで打ち切ったそうです。
 第三局以降も引き続き同会場で打たれる予定でしたが、広島支部の藤井支部長以下、多くの関係者が亡くなり、立会人であった瀬越憲作の息子も重体(後に死亡) となったため、対局は中止されます。
 それまでの対局結果は1勝1敗で、本因坊の座は日本棋院預りとなります。そして、翌年に改めて高野山にて三番勝負が実施されて岩本薫七段が2連勝し、第3期本因坊の座につきます。
 ところで、蓮教寺との関わりですが、原爆犠牲者の慰霊のために三番勝負第一局の二手のみが五日市町の西隣の廿日市町にあった蓮教寺で打たれたそうです。
 蓮教寺を訪れた時、何か本因坊戦に関する資料が残っていないか、ご住職にお尋ねしましたが、当時から二代も住職が代わり、しかも地元出身ではないため、そういう話は伝わっていないとの事でした。以前も新聞記者が取材に来たそうですが分からないそうです。ただ、ご住職の話によると、廿日市は古くから海運が発達した場所で、瀬越憲作の出身地である能美島の人々は本土に用がある時は廿日市の港を利用していたそうです。
 取材前は蓮教寺で慰霊の対局が打たれたのは、単に五日市町に近かったからと思っていましたが、今回の取材により瀬越憲作がよく知っていた土地でもあったという理由が判明しました。

広電廿日市駅
広電廿日市駅

蓮教寺山門
蓮教寺山門

蓮教寺本堂
蓮教寺本堂

蓮教寺のソテツ
蓮教寺のソテツ

広島県廿日市市天神3−6
スポンサーサイト

| 日本棋院 | 23:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。