烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大聖院 宮島

 宮島の多宝塔から、宮島を代表する寺院・大聖院へ通じる道が整備されています。大聖院の「御成門」のあたりに出てきます。

多宝塔から大聖院へ続く道
多宝塔から大聖院へ続く道

 大聖院は真言宗御室派の大本山で宮島で最古の歴史を持つ寺院です。
 創建の時期ははっきりしませんが、伝承では、大同元年(806)に空海が開基したと言われ、鳥羽天皇勅命の祈願道場となったそうです。
 明治18年(1885)には明治天皇が厳島神社行幸で行在所に充てるなど皇室と関わりが深い寺院です。
 厳島神社近くにある本坊には仁王門、御成門、勅願堂、観音堂、摩尼殿、大師堂、霊宝館など多くの堂宇が点在し、今回は行きませんでしたが弥山山頂付近にも弥山本堂、大日堂など大聖院所属の堂宇があります。
 山頂へ上がる登山道が整備されていますが、ロープウェイがありますのでそちらで登る方がいいかもしれません。なお、 現在の建物のほとんどが昭和20年の火災で焼失した後、再建されたものだそうです。


御成門
御成門

 勅願堂は大聖院の本堂にあたる建物です。鳥羽天皇勅願道場として建てられ、豊臣秀吉が朝鮮出兵の時に、必勝・海上安全を祈願した本尊波切不動明王が安置されています。

勅願堂
勅願堂

 観音堂には、行基菩薩の御作と伝えられる十一面観世音菩薩が安置されています。元は厳島神社にありましたが明治期の神仏分離によりこちらに移されたそうです。


観音堂
観音堂

  今回、多宝塔の方から大聖院にお参りしましたので、本来の入口である仁王門が最後になってしまいました。
 寺院を守護するという仁王像が安置されています。

仁王門
仁王門

広島県廿日市市宮島町210
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 17:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。