烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金鳥居の辻と五重塔 宮島

 「塔の岡」の下あたりの幸町一帯は「金鳥居の辻」と呼ばれているそうです。かつて、長寛年間(1163-1165)に建立されたと言われる鉄製の鳥居があったそうで「鉄鳥居の町」とも呼ばれていました。「金鳥居の辻」からは五重塔を眺めることが出来ます。


金鳥居の辻
金鳥居の辻

金鳥居の辻説明板
金鳥居の辻 現地説明板

 実は五重塔は先日紹介した千畳閣の隣に建っていたのですが、今回紹介させていただきます。
 宮島の五重塔は、応永14年(1407)に建立されたものと言われ、和様と唐様を巧みに調和させた建築様式の美しい塔です。現在国の重要文化財に指定されています。
 
宮島 五重塔
五重塔

「金鳥居の辻」説明板 : 広島県廿日市市宮島町469 「旅別かわぐち」前
五重塔 : 広島県廿日市市宮島町1−1
スポンサーサイト

| 室町時代 | 06:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。