烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

厳島神社2

 厳島神社の沖合200mのところに建つ大鳥居は、丹塗りの木造両部鳥居で、奈良の春日大社・敦賀の気比神宮の大鳥居とともに「日本三大鳥居」に数えられています。
 現在の大鳥居は、清盛の時代から8代目にあたり、明治8年(1875)に再建されました。現在の額は、皇女和宮の婚約者で、戊辰戦争では東征大総督を務めた有栖川宮熾仁親王の染筆です。

厳島神社大鳥居
大鳥居

本殿前の庭にあたる板場を「平舞台」といい、安元2年(1176)、平氏一門が参拝して千僧供養が行われた際に仮廊を設け、それが常設となったと考えられています。
「平舞台」の中央にある、黒漆塗りの基壇に朱塗りの高欄をめぐらした舞台は「高舞台」と呼ばれ、ここで舞楽が演じられます。

高舞台
高舞台

厳島神社狛犬
海上の狛犬

厳島神社のの「能舞台」は国内で唯一の海に浮かぶ舞台です。慶長10年(1605)に福島正則が常設の能舞台を寄進し、現在の舞台等が建立されたのは浅野氏が藩主となった延宝8年(1680)のことです。通常の能舞台は響きを良くするため床下に共鳴用の甕(かめ)が置かれますが、海上にあるため設置できず、舞台の床を一枚の板のようにして響かせているそうです。

厳島神社能舞台
能舞台

 康頼灯籠は境内で最も古い灯籠だそうです。後白河法皇の近習であった平康頼は、安元3年(1177)に平家打倒の密議に加わったとして捕えられ現在の硫黄島に流されます。
 「平家物語」によると、康頼は配流先で京を懐かしみ千本の卒塔婆に望郷の歌を記して海に流します。その一本の卒塔婆が厳島に流れ着き、心を打たれた平清盛が治承2年(1178年)に康頼を赦免します。
 無事戻ってきた康頼は神に感謝し灯籠を寄進したそうです。
 厳島神社を訪れた時は満潮に近かったため、見ることが出来ませんでしたが海水が引くと、康頼の卒塔婆が流れ着いたとされる「卒塔婆石」を見ることができます。また、干潮時にだけ出現する「鏡池」と呼ばれる円い池もあります。

康頼灯籠
康頼灯籠

広島県廿日市市宮島町1-1
スポンサーサイト

| 平安時代 | 14:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。