烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宮島へ渡りました

 広島市内を離れ、「原爆ドーム」と並び、広島県にあるもう一つの世界遺産「厳島神社」がある宮島へ向かいました。広島市内からは、JR山陽本線か広島電鉄に乗り、「宮島口駅」で降り、そこからフェリーに乗って島に渡ります。今回はJRを利用しました。

JR宮島口駅
JR宮島口駅

 「JR宮島口駅」を出て、すぐ近くのフェリー乗場へ徒歩で向かいます。フェリー乗場の前には鳥居があり雰囲気を盛り上げています。

宮島フェリー乗場
宮島フェリーのりば

 フェリー乗場前に「蘭陸王」の像があります。「蘭陸王」は中国の南北朝時代の北斉の皇族・高長恭(こう ちょうきょう)の事で、勇猛な武将でありながら美貌の持ち主であり、その美貌のために兵士たちの士気を下げることを恐れ、常に仮面をつけて戦っていたという伝説があります。蘭陸王は、その人気ゆえに皇帝から疎まれて自殺に追いやられるという悲劇的な最後を迎え、その話が日本に伝わり雅楽「蘭陸王」として演じられます。
 宮島の厳島神社では雅楽が演じられることから、その玄関口であるフェリー乗場前に像が設置されています。

蘭陸王
蘭陸王像

 フェリーはJR西日本の運営で、10分~15分間隔で出ています。宮島への所要時間は、約10分です。

宮島行フェリー
フェリー

 宮島へ渡る途中、瀬戸内海に浮かぶたくさんの筏が見えます。これは広島の特産物である牡蠣の養殖用の筏です。

牡蠣要職筏
牡蠣の養殖筏

宮島に近づいてくると、厳島神社の海上に浮かぶ鳥居が見えてきます。船着場までもうすぐです。

厳島神社の鳥居
厳島神社の鳥居
スポンサーサイト

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。