烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「竹芝伝説」 亀塚公園

 港区三田4丁目に「亀塚公園」と呼ばれる児童公園があります。その名のとおり「亀塚」と呼ばれる盛り土があり、古墳と考えられていますが副葬品等は見つかっておらず断定はされていません。
 文明年間(1469~1487)には太田道灌が斥候(偵察のための物見)を配置したと言われています。



                  



Imag0333_2
亀をデザインした亀塚公園の看板



       



 平安時代の中ごろに菅原道真の子孫、菅原孝標の次女菅原孝標女によって書かれた回想録「更級日記」に「竹芝伝説」という話がありますが、「亀塚公園」や隣接する「済海寺」のあたりが伝説に登場する「竹芝寺」のあった場所だと言われています。
 昔、このあたりに住んでいた男が衛士として都に上がり御所で働いていました。なかなか帰国の許しが出ず、庭を掃きながら独り言で故郷の事を想いしゃべっていると、たまたまそれを聞いた、帝が大切に育てていた姫が、自分もその場所を見てみたいので連れて行ってほしいと言いました。男は驚きますが故郷へ帰れると思い、姫を背負って旅立ちます。
 都では姫が居なくなり大騒ぎとなりますが、男が連れ出したことが分かると追ってを武蔵の国へ差し向けます。ようやく二人を発見しますが、姫は全て自分が命じた事で、自分はここに住みたいと訴えました。それを聞いた帝は、仕方なく男に武蔵の国を預けます。二人は立派な屋敷を造り幸せに暮らしたといいます。そして姫が亡くなると屋敷跡に「竹芝寺」を建立したというお話です。
 亀塚の山頂には江戸時代に建立された「竹芝伝説」の事が刻まれた「亀山碑」があるそうです。(帰ってから気づき、結局あがっていませんが。)



                          



Imag0334
公園内



                  



Imag0336
亀塚



                       



港区三田4丁目16番20号

スポンサーサイト

| 東京散歩 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/1-c72246b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。