烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明治村一丁目の建物 1

 犬山市の明治村は、園内を一丁目から五丁目までに区切り、各建物に番地が付けられています。

 「三重県尋常師範学校・蔵持小学校」は、明治19年(1886)の師範学校令により、学校教師の養成を目的に、東京に高等師範学校が、各県に一校ずつ尋常師範学校が設けられますが、明治21年に三重県の尋常師範学校本館として建てられたものです。
 昭和3年(1928)に、本館の改築に伴い名張市の蔵持村に移築され、蔵持小学校として使われてきました。
 明治村で保存公開されている三重県庁舎と同じ清水義八の設計で、E字形左右対称二階建だったそうですが、明治村に移築保存される際に、中央玄関部分と右翼の二教室分のみが遺されています。

三重県尋常師範学校・蔵持小学校
三重県尋常師範学校・蔵持小学校

入口
入口

教室
教室

 明治維新により江戸城は皇居となり、明治2年(1869)に旧西丸殿舎が宮殿として使用されますが、同6年に火災により焼失。西南戦争等の混乱で新宮殿が再建されたのは明治21年(1888)のことです。
 近衛局本部付属舎は、この時に宮城警護のための皇宮警察庁舎の一部として坂下門内に建設が始まりますが、建設中に用途が近衛局(後に、近衛師団と改称)本部にかわって変わっています。その後、師団本部移転に伴い、皇宮警察本部となり、昭和42年(1967)まで坂下護衛所として使用されていました。

近衛局本部付属舎
近衛局本部付属舎

近衛局本部付属舎
近衛局本部付属舎

 現在、内部では明治維新に関係した偉人達の足跡が紹介されています。

偉人たちのパネル
偉人たちのパネル

明治村 : 愛知県犬山市字内山1番地
 三重県尋常師範学校・蔵持小学校  1丁目3番地
 近衛局本部付属舎  1丁目4番地
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

森鴎外・夏目漱石住宅

 明治村に、以前紹介した、東京都文京区千駄木町(現:文京区向丘2丁目)にあった、夏目漱石が「吾輩は猫である」を執筆した当時の住宅が移築しています。
 住宅は、明治20年(1887)頃、医学士中島襄吉の新居として建てられた、当時のごくありふれた建物で、空家となっていた、明治23年に森鴎外が借りて住み、一年余りここで過ごしています。更に、明治36年(1903)から同39年までは夏目漱石が借りて住んでいたそうです。

森鴎外・夏目漱石住宅
森鴎外・夏目漱石住宅

 鴎外は、ここに移り住む直前に、処女作小説「舞姫」を発表、この家では「文づかひ」等の小説を執筆し、文壇の道に進んでいます。
 夏目漱石は、ここで「吾輩は猫である」を発表、その文中に登場する家の様子は、猫のためのくぐり戸など、この家の様子が描写されているそうです。

縁側
縁側

 二人の文豪が相次いで住んだ建物は、当時の典型的な中流家庭の住宅ですが、短いものの中廊下が設けられたことにより、襖で隔てるだくではない各部屋の独立が保たれ、南の面に書斎が突き出した構造は、後に洋間の応接室へと変化していき、一般庶民の住宅が洋風化していく過程を著す貴重な建築物となっています。

縁側から見る室内
縁側から見る室内

 なお、漱石は「吾輩は猫である」の他、「坊ちゃん」「草枕」等の名作を、ここで執筆しています。

室内
室内

明治村:愛知県犬山市字内山1番地 園内の1丁目9番地

【関連記事】 夏目漱石旧居跡


| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

博物館 明治村

 今回、名古屋から熱海にかけて移動してきましたが、思えば、名古屋へ行く前に、犬山市の「明治村」に立ち寄っていたのを紹介していませんでしたので、今回紹介させていただきます。

 「明治村」は初代館長の谷口吉郎と名鉄社長の土川元夫が、戦後の急速な経済成長の蔭で失われつつある明治時代の貴重な建築物を後世に残そうと財団を設立。全国から歴史的、芸術的に価値のある建物を移築して博物館として昭和40年(1965)に開園しています。

 「明治村」の正門は、名古屋の旧制第八高等学校の正門を移築したものだそうです。
 明治41年(1908)に設立された同校は、翌42年に新校舎が落成していますが、正門もこの時に建設されています。
 四本の門柱は、赤いレンガに白い花崗岩を帯状に配され、明治洋風建築の特徴をよく表しています。

正門・第八高等学校正門
正門・第八高等学校正門

 慶応3年(1867)に神戸が開港し、外国人居留地に外国人が住み始めると、これに伴い、外国人相手の商売が行われます。
 日本では食べられてなかった牛肉を納める業者も出てきて、その一人岸田伊之助が明治20年(1887)頃牛肉販売と牛鍋の店として建てたのが「大井牛肉店」です。
 外国の商館が立ち並ぶ神戸の街中にふさわしく、洋風の建物で、一階の入口と二階のベランダをアクセントとし、西洋古典様式の柱と半円アーチの窓が配されていますが、日本古来の技法も用いられ、木造に白漆喰を塗って柱や窓廻りを形作っています。
 「大井牛肉店」は、現在、牛鍋屋としての営業も行っています。

大井牛肉店
大井牛肉店

 明治6年(1873)にキリスト教の禁止令が解かれると、各地に教会堂が建てられるようになります。
 聖ヨハネ教会堂は、明治40年(1907)京都の河原町通りに建てられたプロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会で、二階が会堂に、一階は日曜学校や幼稚園に使われていました。
 中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に、細部にゴシックのデザインが採用された外観で、会堂内部は、柱などの骨組が細目で、実際より室内を広く感じさせています。京都の気候に合わせ天井に竹の簀が使われ、明るい窓の光が反射し、開放感を増しています。
 聖ヨハネ教会堂は、重要文化財に指定されています。

聖ヨハネ教会堂
聖ヨハネ教会堂

内部
内部

愛知県犬山市字内山1番地

| 明治・大正時代 | 07:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

起雲閣「孔雀の間」

 起雲閣の「孔雀の間」、大正8年(1919)に内田信也の別荘の一部として建てられています。
 当時は、現在の喫茶室を挟み「麒麟」の隣に建っていましたが、昭和28年(1953)に、客室や宴会場が増築された際に、現在の音楽サロン付近に移築。そして、昭和56年(1981)に現在地へ再移築されています。
 「床の間」や「付け書院」など、当時の一般的な座敷で、窓ガラスや障子などは、建築当時の物だそうです。

孔雀の間入口
孔雀の間入口

 小説家の舟橋聖一は、この部屋が好きで、代表作『芸者小夏』『雪夫人絵図』などは、ここで執筆されています。また、三島由紀夫は新婚旅行で「孔雀の間」に滞在したとの記録も残っています。

孔雀の間
孔雀の間

説明板
説明板

静岡県熱海市 昭和町4-2

| 昭和時代 | 07:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

起雲閣「大鳳」 太宰治宿泊の部屋

 文豪・太宰治は、度々、起雲閣に滞在し、昭和23年(1948)の3月7日から31日にかけて別館にて『人間失格』の「第二の手記」までを執筆しています。その間の3月18日には、愛人の山崎富栄をともない「大鳳の間」に宿泊。 その後、場所を変えながら『人間失格』の執筆を続け、5月12日に完成します。
 それから間もない、6月13日に、太宰治は山崎富栄と玉川上水で心中。その生涯を終えています。

階段
階段

大鳳の間
大鳳の間(麒麟の間の二階)

 窓ガラスの一部には、当時の職人が一枚一枚流し込んで作った「大正ガラス」が残されています。現代のガラスと違い、微妙にゆがんでいますが、それがかえっていい雰囲気を醸し出しています。

二階からの眺め
二階からの眺め

「人間失格」を執筆した別館
「人間失格」を執筆した別館(松和63年に取り壊し)

静岡県熱海市 昭和町4-2

【関連記事】
 むらさき橋と太宰治
 太宰治の墓

| 昭和時代 | 14:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

起雲閣と文豪

 熱海三大別荘の一つに数えられる「起雲閣」は、昭和22年(1947)より、旅館として開業し、山本有三、太宰治など多くの文豪に愛され、多くの作品がここで執筆されています。
 邸内には、その文豪たちにちなんだ部屋がいくつかありました。

起雲閣ゆかりの文豪
起雲閣ゆかりの文豪(文豪の間)

 熱海の名を、一躍全国に広めたのは、尾崎紅葉の「金色夜叉」です。紅葉が活躍した明治時代にはまだ起雲閣はありませんでしたが、熱海ゆかりの文豪として「尾崎紅葉の間」が設けられ、紅葉に関する資料が展示されていました。

尾崎紅葉の間
尾崎紅葉の間

展示品
展示品

部屋から見える庭
部屋から見える庭

 起雲閣には「坪内逍遥の間」もありました。晩年を熱海で過ごした逍遥の足跡や資料が展示されています。

坪内逍遥の間
坪内逍遥の間

部屋の様子
部屋の様子

静岡県熱海市 昭和町4-2

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

呉清源と本因坊薫和  十番碁の碁盤

 和館「麒麟・大鳳」は、大正8年(1919)に、最初の持ち主、内田信也が母親の静養の場所として建てた別荘です。
 座敷の周囲を座敷と同じ高さに揃えた畳廊下で囲むバリアフリー構造は入側造と呼ばれ、車椅子で生活していた実母に対する配慮だと言われています。
 建物の特徴である群青色の壁は、旅館となってから塗り替えられたものだそうで、石川県加賀地方の伝統的な技法、「加賀の青漆喰」が採用されています。採用された理由は、旅館を開業した桜井兵五郎が石川県出身であったためといわれています。

麒麟の間入口
麒麟の間入口

 起雲閣の「麒麟の間」には、碁盤と碁石が展示されています。これは、昭和 24 年 2 月呉清源と本因坊薫和が打込み十番碁で使用したものだそうです。
 呉清源といえば木谷實との十番碁が有名ですが、その後も何人かと行っていて、本因坊薫和こと岩本薫とは、昭和23年(1948)7月7日から昭和24年(1949)年2月24日にかけて行われています。当時、岩本薫は本因坊位を連覇して八段になったばかりでしたが、結果は7勝2敗1ジゴと、呉清源が勝ち越しています。

麒麟の間
麒麟の間

碁盤
碁盤

裏書
裏書

棋譜
棋譜

静岡県熱海市 昭和町4-2

| 囲碁史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熱海 起雲閣

 熱海温泉の「起雲閣」は、もともと農商相・内田信也が大正8年(1919)に別邸として建築。その後、実業家・根津嘉一郎の別荘となり、熱海三大別荘の一つに数えられています。昭和22年(1947)より、旅館「起雲閣」として開業し、山本有三、太宰治など多くの文豪に愛されてきました。
 現在は、熱海市が取得し、市指定有形文化財として一般公開されています。

 起雲閣の表門は、薬医門とよばれる造りで、大正8年(1919)に創建されています。
 薬医門は、鎌倉時代末期から室町時代初期にかけて成立した形式で、本柱の後方に控え柱を立て、その上に女梁めうつばり・男梁おうつばりをかけ、切妻屋根をのせた構造となっています。
 薬医門は、鎌倉時代末期・室町時代初期の武家または公家の屋敷などに現れた門形式のひとつで、後に城郭や寺社などにも使われるようになりました。
 起雲閣の薬医門は、現在、屋根瓦が載っていますが、創建当初は、檜皮葺(ひわたぶき)だったそうです。

表門
表門

 起雲閣の庭園は、池泉回遊式庭園と呼ばれ、眺望だけでなく、散策も楽しめる庭園となっています。
 敷地内の各建物の部屋の、どこから眺めてもすばらしい庭が眺めれるよう設計されています。

庭園から臨む建物
庭園から臨む建物

外観
外観

 洋館「金剛」に併設されている「ローマ風浴室」は、1989年の改築で、多くが新しい部材に改められていますが、ステンドグラスの窓やテラコッタ製の湯出口などは、建築当時の物が残されています。浴室のタイルは、肌触りの良さや滑り止めの効果を考慮して、木製のタイルが使用されていました。

ローマ風浴室
ローマ風浴室

 洋館「玉姫」は、二代目の持ち主、根津嘉一郎により建てられ、昭和7年(1932)に完成しています。
 基本は中央に暖炉が配置されたヨーロッパ風のデザインですが、「折上格天上」などの日本の建築様式や、「喜」の文字をデザインした中国風の彫刻、シルクロードで伝わった唐草模様の彫刻も採用されています。
 また、「玉姫」にはサンルームが併設されていて、ステンドグラスの天上や、色鮮やかなタイルの床が特徴となっています。

洋館「玉姫」
洋館「玉姫」

 洋館「玉渓」は、ヨーロッパの山荘風の構造ですが、入口の天井に茶室を思わせる竹が用いられるなど、日本建築様式も取り入れられています。

洋館「玉渓」
洋館「玉渓」

静岡県熱海市 昭和町4-2

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本因坊秀哉終焉の地 ウロコ屋旅館

 熱海の温泉街では「熱海七湯」と呼ばれる源泉が所々にあり湯気が湧き出ています。
 その中の一つ、「小沢の湯」は、もともと沢口弥左衛門、藤井文次郎、米倉三左衛門の庭の湯を「平左衛門の湯」と称していましたが、地元の人々は小沢にあったので「小沢の湯」と称していたそうです。
 「小沢の湯」では、吹き出す蒸気で温泉卵を作って食べることができ、熱海のちょっとした名所となっています。

小沢の湯
小沢の湯

説明板
説明板

 以前も紹介しましたが、最後の本因坊家当主、二十一世本因坊秀哉は昭和15年(1940)1月18日に熱海にあった「うろこ屋旅館」(現存せず)で亡くなっています。
  秀哉は喜代夫人を伴い「うろこ屋旅館」に滞在。1月16日には、作家の川端康成が訪れ、午後から夕方まで将棋に興じるほど元気だったそうです。しかし、翌日に持病の「心臓衰弱症」が悪化し危篤となり、知らせを聞いて駆けつけた、門下の村島五段、高橋・小杉両四段、京都の吉田五段(段位は全て当時のもの)らが看病しています。「こんどばかりはやられたよ…」とニコリと笑い、弟子達の労をねぎらった秀哉は、翌18日午前6時55分、静かに眠るように67歳の波乱の人生を閉じています。
 当時の様子を新聞は、臨終の様子を「うろこ屋旅館」の部屋の窓から見える夜明けの海のように静かだったと伝えています。

 その本因坊秀哉臨終の地である「うろこ屋旅館」が、どこにあったのか熱海市観光協会へ聞いてみるなど調査した結果、 「小沢の湯」の隣りにあったことがわかりました。現在は、ここから海を見ることはできませんが、当時は高い建物もなく海を臨むことができたのでしょう。

明治40年の地図
明治40年の地図

小沢の湯周辺
小沢の湯周辺

 「うろこ屋旅館」は昭和19年春に発生した大火で焼失し現存していません。戦後、別の場所で「ウロコ屋ホテル」として営業を再開しますが、そのホテルも、もうありませんでした。

戦後の移転先
戦後の移転先

小沢の湯 : 静岡県熱海市銀座町14−14
ホテルウロコヤ跡(移転後のウロコ屋) : 業務スーパー熱海店 静岡県熱海市昭和町5-11

| 本因坊家 | 07:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

坪内逍遥の歌碑

 熱海温泉街を流れる糸川の桜橋のたもとに、シェイクスピアの翻訳家としても有名な明治の文豪、坪内逍遥の歌碑が建立されています。
 坪内逍遥は、たびたび熱海を訪れていて、明治45年には糸川沿いに別荘を新築しています。その後、別荘周辺が温泉街として発展し騒がしくなってきたため、大正9年(1920)からは、熱海郊外の水口町に居を構え、亡くなるまでそこで暮らしています。

桜橋
桜橋

 歌碑には、逍遥が熱海を詠んだ歌が刻まれていました。

歌碑
歌碑

  「 ちかき山に ゆきはふれ々と 常春日 あたみのさとに ゆけたちわたる 」

碑に刻まれた歌
碑に刻まれた歌

説明板
説明板

熱海市銀座町 桜橋付近

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。