烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

将棋名人 木村義雄生誕の地

 墨田区東駒形で、将棋の十四世名人木村義雄生誕の地の説明板を見つけました。
 木村義雄は、明治38年(1905)に本所区表町39番地(東駒形1-18)に生まれています。
 子どもの頃から将棋や囲碁が強かった木村は、大正5年(1916)に十三世名人関根金次郎の下に入門し、「常勝将軍」として名を轟かせます。昭和13年(1938)に第一期実力制名人となり4期連続で名人位を防衛した木村は、昭和22年(1947)に塚田八段に敗れますが、昭和24年(1949)に再び名人となると、通算8期10年の間、その地位を守り続けます。昭和27年(1952)に大山八段に敗れた後は現役を退き十四世永世名人を襲位しました。
 なお、木村義雄は囲碁も大変強く、本因坊秀哉と打った棋譜が残されています。また、昭和13年(1938)に行われた本因坊秀哉の引退碁(木谷実と対局)では碁盤の前で対局を見つめる木村名人の姿が写真に残されています。

木村義雄生誕の地
木村義雄生誕の地

説明板
説明板

 墨田区東駒形1-18
スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。