烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤羽の宝幢院

 赤羽八幡神社から赤羽岩淵駅(南北線)へ向かっていく途中に宝幢院という寺院がありました。
 宝幢院は寛正2年(1461)の開山で、慶安2年には徳川三代将軍家光公より寺領として赤羽根村内に10石余を賜ります。 明治維新後の神仏分離まで八幡神社の別当寺だったそうです。

宝幢院
宝幢院

 境内には、区内最古の阿弥陀如来線刻庚申塔があります。寛永16年(1639)霜月18日の銘があり、板碑型の石塔本体正面に、阿弥陀如来立像と2猿が線刻されています。「庚申」という文字が無く、「山王廿一社」と刻まれていて、本来は三猿であるのにニ猿であるために、庚申塔とするのには異説もあります。しかし区外には、庚申信仰と山王信仰が結び付いた類似の塔が残されていることから、この塔も両者の信仰が結び付いて造立されたと考えられています。

庚申塔
区内最古の阿弥陀如来線刻庚申塔

 境内には、この他、馬持講中(当時馬を飼っていた資産家)の名前を刻んだ馬頭観音塔が残されています。

馬頭観音塔
馬頭観音塔

 寺院の前には江戸中期につくられた道しるべが残されています。
 「東 川口善光寺道日光岩付道」「西 西国冨士道 板橋道」「南 江戸道」と刻まれ、この地が交通の要所であったことがうかがえます。

道標
道しるべ

北区赤羽3-4-2
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 08:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤羽八幡神社

 赤羽八幡神社は、創建時期は不詳ですが、延暦年中(782-806)坂上田村麻呂が東征の際に、ここに陣を敷き祭神を勧請した事にはじまるといわれています。
 以後、「勝負の神」として源頼光、源頼政、太田道灌ら関東を拠点とする武将により庇護され、江戸時代には幕府から7石余の朱印を受けています。

赤羽八幡
赤羽八幡神社

拝殿の彫刻
拝殿の彫刻

 境内に長屋のように一つの建物に祀られた末社があります。左から大国主神社・疱瘡神社・稲荷神社・住吉神社・大山神社・阿夫利神社・御嶽神社・北野神社です。

境内の末社
境内の末社

 古峯神社は、明治時代に赤羽で大火が起こったことを機に、栃木県の火防せの神である古峰神社を勧請し祀られるようになったと言われています。

古峯神社
古峯神社

 神社境内の真下を東北・上越新幹線や埼京線が通っていて、境内からはトンネルから出入りする新幹線を眺めることが出来ます。かつてはここから坂上田村麻呂が東征の旅に向かった場所に、今東北へ向かう新幹線が通過しているのは、何かの縁かもしれません。

境内から眺める鉄道
境内から眺める鉄道

北区赤羽台4-1-6

| 歴史あれこれ | 10:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太田道灌築城の稲付城跡 静勝寺

 JR赤羽駅に程近い高台にある「静勝寺」は、江戸城などを築城した戦国時代の名将、太田道灌が砦として築いた「稲付城」の跡だそうです。江戸城と太田氏の拠点である岩槻城を結ぶ岩槻街道沿いにある稲付城は、中継地の役割を果たしていたと考えられていますが、道灌が築城したというのは伝承のみで確たる証拠は無いため異説もあります。
 稲付城は道灌の死後、孫の資高(すけたか)、その子康資(やすすけ)の居城となった後、北条氏の砦となっていましたが、北条氏滅亡後、徳川家康が江戸へ入ると廃城となっています。
 静勝寺は、永正元年(1504)に道灌の禅の師匠雲綱が、彼の菩提を弔うために道灌寺を創建。明暦元年(1655)には道灌の子孫太田資宗が堂舎を建立し、道灌(香月院殿春宛静勝大居士)とその父資清の法号に因んで寺号を自得山静勝寺と改めています。

静勝寺石段
静勝寺石段

 石段を登ったところにある門は、静勝寺の正門にあたる東門です。元は2層の鐘楼門だったそうですが、明治になって取壊され昭和の初めまで何も無い状態でした。その後、昭和25年(1947)に近隣の農家から移築されたのが現在の門だそうです。

東門(正門)
東門(正門)

 現在の本堂は、関東大震災後の昭和3年(1928)に建立されたもので、右の大玄関は、平成13年(2002)に改修されたものだそうです。

本堂
本堂

 道灌公御影堂(通称道灌堂)は、太田道灌公の座像が安置されたお堂で、享保20(1715)、道灌公二百五十回忌に太田資晴によって建立されたそうです。

道灌御影堂
道灌御影堂

北区赤羽西1-21-17

| 戦国時代 | 11:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一葉記念館と一葉記念公園

 東京都台東区竜泉にある一葉記念館は、五千円札の肖像でも知られる樋口一葉の業績を称える博物館です。「たけくらべ」の舞台となった竜泉に、台東区が事業主体となって昭和36年(1961)に開館しましたが、当時、女流作家で日本初の単独資料館だったそうです。
 平成18年(2006年)には、建物の老朽化により建て直されリニューアルオープンしています。

樋口一葉記念館
樋口一葉記念館

 記念館の隣にある一葉記念公園には「たけくらべ」の記念碑などがあります。

樋口一葉記念公園
樋口一葉記念公園

 「たけくらべ」の舞台と なった竜泉寺町の人々は、一葉 の文学的業績を讃えるため「一葉協賛会」を結成します。
昭和二十四 年には、戦災で失った「一葉記念碑」を菊池寛撰文、小島政二郎補並びに書で再建しています。

菊池寛撰文による「一葉記念碑」
菊池寛撰文による「一葉記念碑」

 「たけくらべ」の記念碑は昭和26年に建立されたもので、碑文は一葉の旧友歌人佐佐木信綱によるものだそうです。

「たけくらべ」の記念碑
「たけくらべ」の記念碑

台東区泉竜3-18-4

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たけくらべ 大黒屋の寮跡

 小説家、樋口一葉の代表作「たけくらべ」は、吉原を舞台に廓に住む少女美富利と少年藤本信如との恋を描いた作品です。
 樋口一葉は明治26年から翌年にかけて、実際に物語の舞台である、現在の台東区竜泉に住んでいて、その当時の様子が描かれています。
 揚屋町通りの目の前にある薬局は、美登利の家のモデル大黒屋の寮跡があった場所だそうで、柱にプレートが設置されています。
 新吉原の妓楼松大黒屋の寮の跡だそうで、一葉が近くに住んでいた当時、美登利にそっくりな娘が住んでいたそうです。

たけくらべ 大黒屋の寮跡
たけくらべ 大黒屋の寮跡

現地プレート
現地プレート

台東区竜泉3丁目6−4、あらき薬局

| 明治・大正時代 | 08:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

樋口一葉旧居跡

 飛不動の近くの台東区竜泉に「樋口一葉旧居跡」の碑があります。樋口一葉の旧居跡といえば、以前に本郷菊坂町の旧居跡を紹介しましたが、そこから明治26年7月20日に、ここへ引っ越してきたそうです。そして吉原遊郭のすぐ近くである、この界隈の様子を背景にして名作「たけくらべ」や「分かれ道」が生まれています。
 説明板によると、この碑の位置は一葉宅の左隣の酒屋の跡で、一葉と同番地の西端に近く、碑より東方6m先が旧宅に当たるそうです。一葉はこのあたりを「鶉なく声もきこえて花すすき まねく野末の夕べさびしも」と和歌を詠んでいます。

樋口一葉旧居跡
樋口一葉旧居跡

旧居跡の碑
旧居跡の碑

【関連記事】 樋口一葉の菊坂旧居跡

台東区竜泉3-15

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小惑星探査機「はやぶさ」もご利益があった飛不動 正宝院

 正宝院は、享禄3年(1530)の創建といわれ、本尊の木造不動明王坐像は「飛不動」の通称で知られています。
 その由来は、昔、正宝院の住職が大和国大峰山に本像を持って修行に行ったところ、一夜にして飛んで帰り、人々に御利益を授けたことによると伝えらています。その 「飛不動」は本尊の通称だけでなく正宝院の通称となり、江戸時代前期の絵図には、すでに「飛不動」の名で見えます。
 古くから旅人の守り神として信仰されてきましたが、近年では航空安全の守護神として有名となり、飛行機による旅行者やパイロットなどが多く参拝しているそうです。数多の困難を乗り越え地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」も関係者が無事帰還を祈って、ここに毎年参拝していたとして話題となりました。
 この他、「落ちない」として受験合格を祈念される方や、 「飛ぶ」として飛距離を延ばしたいゴルファーも多く参拝されているそうです。

参道
参道

本堂
本堂

地蔵
地蔵

台東区竜泉3-11-11

| 東京散歩 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酉の寺 長国寺

 長国寺は江戸時代初期の寛永七年(1630)に石田三成の遺子といわれる、 大本山長國山鷲山寺(じゅせんじ)第13世・日乾上人によって、鳥越町に開山し、寛文九年(1669)に新吉原の西隣である現在地に移転します。
 隣りにある鷲神社は酉の市発祥の地として有名ですが、こちらの長国寺も「酉の寺」と呼ばれ浅草酉の市発祥の地とされています。
 元々、鷲神社と長国寺は明治維新の神仏分離で別れるまで一体だったそうです。
 長国寺によると、本尊である鷲妙見大菩薩は北極星の化身で鷲の背に乗っています。日蓮上人が大本山鷲山寺に滞在中に現れたとされ、それが111月の酉の日であった事から、この日にご本尊がご開帳されるようになり「酉の市」が始まったと言われています。

本堂

東京都 台東区 千束3-19-6

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酉の市発祥の地 鷲神社

 江戸時代より続く「1年の無事に感謝し、来る年の幸を願う」酉の市。多くの露天商が立ち並び、手締めの音があちこちから聞こえてきます。福をかきこむといわれる開運・商売繁盛のお守り「熊手」も売られていて東京の年末の風物詩となっています。
 関東を中心に各所で行われている酉の市ですが、その発祥の地が台東区の鷲神社であると言われています。

 鷲神社の祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)と日本武尊(やまとたけるのみこと)です。
 社伝によると天照大御神が天之岩戸にお隠れになったとき、天宇受売命が岩戸の前で舞い踊り、その騒ぎに天照大御神が少し岩戸を開けた時に怪力の神様が一気に岩戸を開けたという有名な天之岩戸伝説がありますが、この時、神様が鳴らしていた楽器に鷲がとまったので、鷲は世を明るくする鳥であると考えられるようになります。そして、この時、楽器を持っていた神様が天日鷲命です。
 天日鷲命は、開運、殖産、商売繁盛の神様としてこの地にお祀りされます。後に日本武尊が東夷征討の際に社に立ち寄られ戦勝祈願されます。そして志を遂げて帰られる際、再びここへ寄られ、社前の松に武具の「熊手」をかけて、お礼参りをされたそうです。
 その日が十一月酉の日であったので、この日を鷲神社例祭日と定めます。それが「酉の市」の始まりで、この故事により日本武尊が併せ祭られ、御祭神の一柱となったそうです。

山門
山門。脇に大熊手が設置されています。

渡殿
渡殿

参道
参道。取材時、酉の市の準備がされていました。

東京都台東区千束三丁目18番7号

| 東京散歩 | 08:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新吉原花園池(弁天池)跡

 江戸時代初期はこの付近は湿地帯で、多くの池が点在していました。明暦3年(1657)に発生した「明暦の大火」を受けて幕府は、湿地の一部を埋立て吉原遊廓を移転させます。
 遊廓が造成された際、池の一部が残され、いつしかその池畔に弁天祠が祀られた事から、池は花園池・弁天池と呼ばれ、人々の信仰をあつめています。現在では吉原神社に合祀され浅草七福神の一社として、毎年正月に多くの参拝者が訪れています。

新吉原花園池(弁天池)跡
新吉原花園池(弁天池)跡

弁天祠
弁財天の絵が壁に施された弁天祠

 大正12年に発生した関東大震災では多くの人々がこの池に逃れ、490人が溺死したと言われています。弁天祠付近の築山に建立された観音像は、溺死した人々の供養のため大正15年に造立された「大震火災殃死者追悼紀念碑」です。なお、池は昭和34年に現在のNTT東日本吉原ビルの建設に伴い埋立てられ、わずかにその名残を留めるのみとなっています。

大震火災殃死者追悼紀念碑
大震火災殃死者追悼紀念碑

 江戸時代、唯一の幕府公認の遊郭であった新吉原は繁栄を極め、江戸文化の情報発信地としての役割を担っていましたが、昭和33年の「売春防止法」成立によっりその歴史を閉じます。
 「花吉原名残碑」は、かつての繁栄を伝えるため昭和35年に有志によって建てられたものだそうです。

花吉原名残碑
花吉原名残碑

遊女の墓
遊女の墓

台東区千束3-22

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。