烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ざしきわらし駅(富士見町駅)

 JR西日本の境線の駅である「富士見町駅」には、「ざしきわらし駅」の愛称が付けられています。
 「ざしきわらし」は、東北地方で、家の中に出現する子供の姿をした妖怪で、ざしきわらしがいる家は栄え、いなくなると没落すると言われています。
 駅のホームには水木しげる先生の 「ざしきわらし」のイラストが設置されています。

富士見町駅
富士見町駅

ざしきわらし駅看板
ざしきわらし駅看板

ざしきわらし駅看板
ざしきわらし駅看板

富士見町駅看板
本来の富士見町駅看板

鳥取県米子市冨士見町170
スポンサーサイト

| 旅行記 | 21:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。