烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸手市の本因坊察元の墓

 久しぶりに埼玉県幸手市にある9世本因坊察元の墓を訪れました。8世本因坊伯元と同様、新しい説明板が設置され写真入りで詳しく墓地のどこにあるのか説明されていました。
 以前訪問したときにも、墓石に碑文が刻まれているのは分かっていましたが、その時は全容は把握できませんでした。
 新しい説明板には、その訳文が記されています。説明板によると、察元の息子である間宮幸八が川崎整儀という人物に依頼して書いてもらった文書であることが分かりました。

察元の墓がある墓地
察元の墓がある墓地

本因坊察元の墓
本因坊察元の墓

新しい説明板
新しい説明板

碑文の訳文
碑文の訳文

【関連記事】 九世本因坊察元の墓碑(幸手市)

埼玉県幸手市平須賀3018 共同墓地

| 本因坊家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸手市の本因坊伯元の墓を再訪問

  囲碁史の取材で、久しぶりに埼玉県幸手市を訪れ、3人の本因坊の墓にお参りしてきました。幸手市は囲碁家元本因坊家で、8世伯元、9世察元、10姓烈元を輩出しています。
 8世本因坊伯元は武蔵国幸手郡天神島村の尾崎家出身で、尾崎家の墓所から墓石が発見されました。伯元の墓石は、他の墓石に隠れて分かりにくい位置にありますが、以前、訪れたときには無かった新しい説明板に写真入りで場所が示されていて、大変分かりやすくなっていました。
 また、以前訪れた時には気が付かなかったのですが、新しい説明板により、墓石の右上には「御碁所」の文字が刻まれている事が分かりました。伯元は名人碁所には就任していませんが、本因坊家当主として刻まれたのでしょう。

伯元の実家 尾崎家の墓所
尾崎家の墓所

現地説明板
現地説明板

本因坊伯元の墓
本因坊伯元の墓

御碁所の文字
御碁所の文字

【関連記事】 八世本因坊伯元の墓碑(幸手市)

埼玉県幸手市天神島282  「てんじん保育園」となり

| 本因坊家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米子鬼太郎空港

 JR境線の「米子空港駅」(愛称:べとべとさん駅)から直結している「米子鬼太郎空港」へ寄ってみました。
 境港市出身の漫画家、水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」に因む名称で、鳥取県にもう一つある空港「鳥取砂丘コナン空港」と並び漫画の主人公が空港名となっています。
 「米子鬼太郎空港」は愛称で、正式名称は「美保飛行場」、通称を「米子空港」といいます。
 空港は防衛省の管理で、航空自衛隊美保基地の滑走路を民間航空機が利用している共用飛行場で、山陰唯一のソウルへの定期便が出ています。

米子鬼太郎空港
米子鬼太郎空港

空港内部
空港内部

鳥取県境港市佐斐神町1634番地

| 旅行記 | 09:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

べとべとさん駅(米子空港駅)

 米子空港に直結するJR境線の「米子空港駅」は、妖怪の名前である「べとべとさん駅」の愛称が付いています。
 べとべとさんは奈良県や静岡県などに伝わる妖怪で、夜道を歩く人間の後をつけてくるといわれています。足音がするのみで人に危害を加えることはないとされ、「べとべとさん、お先にお越し」と唱えれば足音がしなくなると言われています。
 米子空港は、平成20年(2008)に米子空港の拡張工事に伴い、大篠津駅を800m境港側へ移転して改称して出来た駅です。そのため所在地が米子市から境港市へと変わりました。そして、隣りの御崎口駅が大篠津町駅(砂かけばばあ駅)へと改称されています。

米子空港駅
米子空港駅

べとべとさん駅看板
べとべとさん駅看板

べとべとさん駅看板
べとべとさん駅看板



鳥取県境港市佐斐神町744

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

砂かけばばあ駅(大篠津町駅)

 砂かけ婆(すなかけばばあ)は、奈良県や兵庫県に伝わる妖怪で、神社や人通りの少ない森の中を歩いていると、砂を振りかけ人を脅かす妖怪といわれています。
 鳥取県境港出身の水木しげる先生の漫画『ゲゲゲの鬼太郎』では、主人公・鬼太郎の仲間の妖怪のひとりとして登場しています。
 鳥取県の米子駅から境港駅までを結ぶJR境線では、各駅に妖怪の名を愛称として付けていますが、「大篠津町駅」には「砂かけばばあ駅」の愛称がついています。また、境線を走る列車の一つには、砂かけばばあも描かれた鬼太郎ファミリーの列車も走っていました。

大篠津町駅
大篠津町駅

砂かけばばあ駅看板
砂かけばばあ駅看板

砂かけばばあ駅看板
砂かけばばあ駅看板

鬼太郎ファミリー列車
鬼太郎ファミリー列車

鳥取県米子市大篠津町2211

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つちころび駅(和田浜駅)

 鳥取県米子市和田町字山際にある、JR西日本の境線「和田浜駅」には、妖怪の名前である「つちころび駅」の愛称が付けられています。
 「つちころび」は、土転び、あるいは槌転びと書き、中部地方や中国地方など全国に伝わる山間部に現れる妖怪です。
 大きな毛むくじゃらの体で、目のようなものがチラリと見えていると言われ、旅人を道に迷わす妖怪と伝えられています。峠をひとりで歩いていると、後ろからなにか追いかけてくるので走り出すと、先回りして待っている、驚いてその道を避けて通っているうちに道に迷ってしまうと言われています。

和田浜駅
和田浜駅

つちころび駅看板
つちころび駅看板

つちころび駅看板
つちころび駅看板


鳥取県米子市和田町字山際1189

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あずきあらい駅(弓ヶ浜駅)

 弓ケ浜駅は、鳥取県米子市夜見町字樋口三にあるJR西日本の境線の駅で、愛称は「あずきあらい駅」です。
 小豆洗い(あずきあらい)は、東海地方を始め全国各地で伝承があり、小豆とぎ(あずきとぎ)など様々な別称で呼ばれ、ショキショキと音をたてて川で小豆を洗うといわれている妖怪で、ゲゲゲの鬼太郎にも登場した比較的ポピュラーな妖怪です。

弓ヶ浜駅
弓ヶ浜駅

あずきあらい駅看板
あずきあらい駅看板

あずきあらい駅看板
あずきあらい駅看板


鳥取県米子市夜見町字樋口三1351

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

傘化け駅(河崎口駅)

 鳥取県米子市河崎字中通矢倉分のJR西日本の)境線「河崎口駅」には「傘化け駅」という妖怪の愛称がついています。
 「傘化け」は、「傘おばけ」、「からかさ小僧」とも呼ばれる日本の妖怪の代表格とも言える妖怪です。
 古来、日本では年月を経た器物には霊が宿ると考えられていて「傘化け」もそうした付喪神の一種で、一つ目で一本足という姿は江戸時代以降に定着し、絵画に描かれたり、歌舞伎でも役者が演じています。

河崎口駅
河崎口駅

傘化け駅看板
傘化け駅看板

傘化け駅看板
傘化け駅看板


鳥取県米子市河崎字中通矢倉分2673

| 旅行記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そでひき小僧駅(三本松口駅)

 鳥取県米子市三本松四丁目にある、JR西日本の境線の駅である「三本松口駅」には、北関東で伝わる妖怪「そでひき小僧駅」の愛称が付けられています。
 袖引小僧(そでひきこぞう)は、埼玉県比企郡川島町中山上廓や埼玉県南部付近に伝承が残る妖怪で、夕暮れの帰宅を急ぐ者の袖をクイと引き、振り向くが誰もいない。気を取り直して歩き出そうとするとまたも手がクイと引かれるといわれています。
 伝承地では、元は落武者の霊であり、通行人に助けを求めているという話や、貧乏な家の子供が、道端の地蔵の陰で共働きの両親の帰りを待っていて、両親が帰って来たので飛び出したところ、両親が盗賊と勘違いして殴り殺してしまい、その子供の霊が妖怪になったとも言われています。

三本松口駅
三本松口駅

ホームの「そでひき小僧駅」の看板
ホームの「そでひき小僧駅」の看板

「そでひき小僧駅」の看板
="「そでひき小僧駅」の看板

鳥取県米子市三本松四丁目

| 旅行記 | 07:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どろたぼう駅(後藤駅)

 鳥取県米子市米原にあるJR堺線の後藤駅は、車輌の検査や改造工事などが行われている「後藤総合車両所後藤工場」への出入り口となります。そのため、堺線の内で、ここまでが電化されています。後藤駅の愛称は「どろたぼう駅」です。
 「どろたぼう」は、北陸地方に伝わる妖怪で、泥田の中から現れ「田を返せ」と叫ぶそうです。精根こめて残した田が子供の代で人手に渡ってしまい、その無念さで妖怪になったと言われています。

後藤駅
後藤駅

どろたぼう駅の看板
どろたぼう駅の看板

ねこ娘のベンチ
ねこ娘のベンチ

鳥取県米子市米原字三軒家道西空地1460

| 旅行記 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。