烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライオン宰相 濱口雄幸の墓

 以前、東京駅で銃撃された傷により亡くなった第27代内閣総理大臣・浜口雄幸について紹介しましたが、青山霊園にある墓所へお参りしてきました。
 高知県出身の浜口首相は、大蔵省に入省し大蔵次官などを務めた後、政治家へ転身、大蔵大臣、内務大臣などを歴任し、立憲民政党初代総裁に就任すると、張作霖爆殺事件の責任を取って辞任した田中義一内閣の後を受けて昭和4年(1929)に内閣総理大臣に就任します。明治生まれで初の首相だったそうです。
 浜口首相は、その風貌から「ライオン宰相」と呼ばれ、国民から圧倒的な支持を得て、前日本銀行総裁・井上準之助を蔵相に起用し金解禁や緊縮政策を断行する一方、第一次世界大戦後に軍備拡張を狙う海軍を抑えて国際協調重視による軍縮を行ったため、右翼の反感を買っています。
 昭和5年(1930)11月14日に岡山県浅口市で行われる陸軍の演習視察と、昭和天皇行幸への付き添いのため東京駅を訪れた浜口首相は、右翼に至近距離から銃撃され、一命は取り留めたものの、骨盤が砕ける重症を負います。翌年1月21日に退院し療養していましたが、野党・政友会に所属する鳩山一郎らは与党へ攻勢をかけるため執拗に浜口の登壇要求、3月10日に無理をおして登壇さた浜口は、その後も続く野党の登壇要求に応じ容態が悪化、首相を辞任し8月26日に亡くなっています。

濱口雄幸の墓

【関連記事】 浜口首相遭難現場 東京駅

青山霊園 1種ロ8号1側14
スポンサーサイト

| 昭和時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国木田独歩の墓

 1871年に千葉県銚子に生まれた、小説家であり詩人の国木田独歩は、司法省の役人であった父の転勤で山口、萩、広島、岩国などで暮らしています。
 東京専門学校在学中に学生運動に関わり徳富蘇峰と出合った独歩は大きな影響を受け、大学中退後に徳富蘇峰が設立した「国民新聞」の記者となると、日清戦争の従軍記者として活躍。ジャーナリストとして知られる一方、「独歩吟」、次いで短編小説集「武蔵野」(1901)を刊行し自然主義の先駆として活躍します。
 私生活では独歩は二度結婚をしています。最初の妻・信子は親の反対を押し切り勘当されてまで独歩と結婚しますが、売れる前の独歩の生活は困窮を極めたために失踪し協議離婚しています。小説家・有島武郎はこの出来事を聞き、小説「或る女」を発表しています。
 二人目の妻は、独歩の下宿先の娘で、独歩の没後、「国木田治子」の名前で小説家として活躍しています。
 ようやく作品が評価され始めた1907年に独歩は肺結核にかかり療養生活を余儀なくされ、1908年に36歳の若さで亡くなりました。
青山霊園の墓石には「独歩 国木田哲夫之墓」と刻まれています。

国木田独歩の墓

青山霊園 1種ロ16号16側

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西郷隆盛の家族

 青山霊園には幕末三傑の一人・西郷隆盛の三番目の妻・西郷イト(糸子)妻や息子たちの墓があります。
 西郷は生涯三度結婚していますが、最初の妻は西郷が頭角を現す前に結婚していますが下級武士であった西郷の生活が困窮していたため、見かねた実家が連れ戻し離婚しています。
 二人目の妻・愛加那は失脚した西郷が奄美大島に流された際に娶った島妻で、菊次郎、菊草(菊子)の二人の子供をもうけています。しかし、島妻は島を出る事をゆるされなかったため、西郷の復権と共に別れています。
 三人目の西郷イトは家老座書役・岩山八太郎直温の二女で、西郷が第一次長州征伐の終了後の慶応元年(1865)に鹿児島へ帰ってきた際に周囲の勧めもあり結婚しました。イトとの間には寅太郎、午次郎、酉三をもうけています。
 国事に奔走する西郷は殆ど鹿児島へ帰ってこなかったため、隆盛の兄弟も同居する西郷家はイトが護っていました。また、隆盛と愛加那の間に出来た菊次郎、菊草(菊子)もイトが引き取り、実子と分け隔てなく養育したそうです。
 西南戦争により西郷隆盛が逆賊となるとイトら家族は故郷鹿児島で密かに暮らしていましたが、勝海舟らの働きかけや、明治天皇の強い意向で明治憲法制定時の大赦で名誉が回復されます。そして江戸城無血開城に導き、江戸の町を戦火から救った西郷を顕彰するために、明治31年(1898)に西郷隆盛像が上野恩賜公園に建立されます。
 この時、除幕式に参加したイトは、着流し姿で犬を連れた西郷像を見て「うちの主人はこんなお人じゃなかった」「浴衣姿で散歩なんてしなかった。」と憤慨し、同席した隆盛の弟・西郷従道にたしなめられたといいます。ただ、上野の西郷像が着流し姿となったのは、逆賊であった西郷の像を軍服姿で造ることに反対する勢力があった事と、反政府勢力のシンボルとなるのを避けるためであったと言われています。
 西郷イトは大正11年(1922)に79歳でその生涯を閉じています。
 西郷イトの墓の隣りには隆盛とイトの息子・西郷寅太郎の墓があります。兄で京都市長等を歴任した菊次郎は奄美大島の島妻・愛加那の子で庶子とされたため寅太郎が西郷家の嫡男となります。
 逆賊の家族として鹿児島で密かに暮らしていた寅太郎ですが、勝海舟等の働き掛けにより、明治17年(1884)にポツダム陸軍士官学校留学を命ぜられドイツで暮らし、その間プロイセン陸軍少尉となります。
 帰国後、明治25年(1892)に陸軍少尉、28年には中佐に任じられ日清戦争などで活躍。明治35年(1902)には父隆盛の功績により侯爵となり、貴族院議員にも就任しています。
 その後、習志野俘虜収容所長などを歴任した寅太郎は大正8年(1919)にスペイン風邪による肺炎が元で54歳で亡くなっています。
 この他、青山霊園の西郷家の墓所には、寅太郎の息子の隆輝や隆盛の三男、酉三の名を見つける事が出来ました。

西郷家の墓

青山霊園 1種イ11号21側3番

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12代市川團十郎

 久しぶりに青山霊園にある歴代の歌舞伎役者・市川團十郎の墓所にお参りしました。
 平成25年(2013)に亡くなった十二代目市川団十郎の墓が、新たに建立されたためです。
 十二代目市川団十郎は、十一代目市川團十郎の長男で本名を堀越夏雄といいます。
 父が早世したため、自らの努力で芸を磨き、重厚な存在感と独特な愛嬌を併せ持つ芸風で、今後の歌舞伎界の柱として期待されていました。テレビ番組にも多数出演しています。しかし、、白血病発症により、治療を受けながら舞台を務めますが、ついに力尽き亡くなります。
新しい墓は、長男の市川海老蔵(本名「堀越孝俊」)が建立したもので、「堀越家之墓」と刻まれているため、今後は単独ではなく、一緒にまとめられるという事でしょう。そして隣りの墓誌には「十二代目團十郎 堀越夏雄」と刻まれていました。

12代市川團十郎の墓

青山霊園 1種イ21号12側

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北里柴三郎の墓

 破傷風菌の純培養に成功し、ペスト菌を発見するなど、世界的な細菌学者と知られ、ノーベル賞候補にもなった北里柴三郎の墓が青山霊園にあります。
 北里柴三郎は、嘉永5年(1853)に現在の熊本県阿蘇郡小国町で代々庄屋をつとめる北里家に生まれています。明治4年(1871)に熊本医学校へ入学し医学への道を志すと、明治7年(1874)に東京医学校(現在の東京大学医学部)へ入学、卒業後に内務省衛生局に勤務し、明治19年(1886)から6年間ドイツへ留学、病原微生物学研究の第一人者、ローベルト・コッホに師事しています。
 留学中の明治22年(1889)に破傷風菌の純培養に成功し、その毒素に対する免疫抗体を発見して血清療法を確立、一躍、世界的な研究者として知られる事となります。
 明治25年(1892)に帰国すると、私立伝染病研究所を設立、伝染病予防と細菌学の研究に取り組み、翌年にはわが国初の結核治療専門病院、土筆ケ岡養生園 (後の北里研究所病院)を設立して、結核予防と治療に尽力します。
 明治27年(1894)には、日本政府の依頼で派遣された香港で、流行していたペスト菌を発見するなど、予防医学の第一人者として活躍、明治34年(1901)の第1回ノーベル生理学・医学賞の最終候補にも選ばれていたそうです。
 大正3年(1914)に伝染病研究所が内務省から文部省に移管され東京大学へ併合されると、これに抗議して所長を辞任、私費を投じて私立北里研究所を設立、この他、慶應義塾大学医学部の創設や、日本医学会の創設(初代会長)など、日本の医学発展のために幅広い活動を続け、昭和6年(1931)に脳溢血により78歳の生涯を閉じています。

北里柴三郎の墓

青山霊園 1種イ19号2側

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

坂の上の雲 秋山好古

 司馬遼太郎著「坂の上の雲」は、松山出身の秋山好古、秋山真之の兄弟と正岡子規の3人を主人公に、彼らが激動の明治という時代を、いかに生きたかを描いた長編小説です。
 その主人公の1人で、明治時代の陸軍の名将・秋山好古の墓が青山霊園にあります。もう一人の主人公で日露戦争の日本海海戦で先任参謀として丁字戦法を考案、バルチック艦隊を撃滅した秋山真之は実弟にあたります。
 伊予松山藩の下級武士の家に生まれた好古は、貧しさ故に軍人の道を選び、創設間もない陸軍士官学校で「騎兵科」に進みます。フランス留学で、サンシール陸軍士官学校で学んだ好古は、明治27年、日清戦争において騎兵第一大隊長として自ら訓練した騎兵隊を率いて従軍します。
 明治37年、日露戦争が勃発すると秋山は日本騎兵を率いてロシアのコサック騎兵と激戦を繰り広げます。機関銃の早期配備や、騎兵による敵情偵察、挺進行動を展開し、日本陸軍の勝利に大きく貢献した好古は、後に「日本騎兵の父」と呼ばれることとなります。
 戦後は騎兵監、朝鮮駐箚軍司令官、教育総監などを歴任し、陸軍大将にまで登りつめますが、決して驕ることなく質素な生活を送り、退役後は郷里松山の中学校長として余生を過ごしています。
 秋山好古は昭和5年(1930)、糖尿病による心筋梗塞により東京の陸軍軍医学校で永眠。享年71歳でした。

秋山好古の墓

青山霊園 1種イ19号2側1番

| 明治・大正時代 | 07:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東芝創業者「からくり儀右衛門」こと田中久重

 今週、大手電機メーカー「東芝」は、組織的に利益を水増ししていた不正会計問題の責任をとり田中久雄社長、佐々木則夫副会長、西田厚聡(あつとし)相談役の歴代3社長が辞任するという激震に見舞われましたが、今回の騒動を創業者は、どう思っているのでしょうか。
 東芝の創業者は江戸時代後期から明治にかけて活躍した発明家・田中久重です。寛政11年(1799年)に、筑後国久留米(現・福岡県久留米市)の鼈甲細工師・田中弥右衛門の長男として生まれ、幼名を儀右衛門といった田中は、幼い頃から才能を発揮し、当時流行していた「からくり人形」の新しい仕掛けを次々と考案し評判となります。特に「弓曳き童子」と「文字書き人形」は有名で、これらは、からくり人形の最高傑作といわれています。
 天保5年(1834)には上方へ上り、折りたたみ式の「懐中燭台」、圧縮空気により灯油を補給する灯明の「無尽灯」などを次々発明、「からくり儀右衛門」と呼ばれ全国的に名を知られます。
 嘉永6年(1853)に鍋島直正が治める肥前国佐賀藩の精煉方に着任した田中は、反射炉の設計と大砲製造に貢献、また、国産初の蒸気船の建造にも関わっています。
 明治6年(1873)に、東京へ移ると、明治8年(1875)、75歳の時に京橋区南金六町(現在の銀座8丁目)で電信機関係の製作所・田中製造所を設立。店の傍らには「万般の機械考案の依頼に応ず」という看板が掲げられていたといいます。田中は明治14年(1881)に82歳で亡くなっています。
 「田中製造所」は、その後、久重の養子、田中大吉(2代目久重)が引き継ぎ芝浦に移転、「株式会社芝浦製作所」となります。後に「東京電気株式会社」と合併、「東京芝浦電気株式会社」となり、これが現在の東芝となります。なお、田中久重の墓は青山霊園にあります。
 ちなみに、今回の騒動で辞任した田中久雄社長は、名前からして創業者一族かと思いましたが、全く血縁関係は無いそうです。

田中久重の墓
田中久重の墓

墓の脇にある碑
墓の脇にある碑

青山霊園1種ロ12号30側13

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩槻藩遷喬館

 遷喬館は、寛政11年(1799)に、岩槻藩士の儒学者児玉南柯(こだまなんか)が創設した私塾で、文化年間に藩校となりました。
 儒学を中心に講義が行われ、藩士の子弟たちがここで学んでいます。
 建物は武家屋敷を利用したもので、現在は江戸時代に児玉南柯が創設した当時の姿に復元されています。埼玉県内では現存する唯一の藩校でもあります。

遷喬館

さいたま市岩槻区本町4丁目8-9

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

裏小路公園

 旧岩槻市役所第4別館として使われていた秋葉邸(旧岩槻町町長)の跡地に「城下町、人形の街岩槻に合う公園を」というコンセプトで造られたのが 「裏小路公園」です。
 公園の中には、人形彫刻作家「磊(らい)」による人形が門や塀に置かれているほか、ベンチや遊具にも人形がかたどられています。
 なお、「裏小路」は岩槻藩士の居住地だったそうで、町人の住む城下町との境界には木戸が設けられていたそうです。

裏小路公園
裏小路公園

公園看板
公園看板

庭園
庭園

モニュメント
すべり台?

モニュメント
ベンチ?

埼玉県さいたま市岩槻区本町4-4-19

| 旅行記 | 21:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時の鐘 岩槻

 岩槻城下の時の鐘は、寛文11年(1671)に、城主阿部正春の命令で鋳造され渋江口に設置、城内や城下の人々に時を知らせていました。
 50年後の享保5年(1720)に鐘にひびが入ったため、時の城主永井直信(陳)が改鋳した物が現在の鐘です。鐘は1日3回撞かれていましたが、江戸時代後期には1日12回撞かれていたそうです。
 鐘楼は、嘉永6年(1853)に岩槻藩により改建されたもので、塚の上に建てられています。

時の鐘
時の鐘

岩槻城墟碑
岩槻城墟碑

現地説明板
現地説明板

埼玉県さいたま市岩槻区本町6-229-1

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。