烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

田中吉政像

 岡崎市内の籠田公園前にある中央分離帯に田中吉政の像があります。
 田中吉政は豊臣秀次に仕え家老として政務を取り仕切ります。秀次は豊臣秀吉により謀反の罪で切腹となり一族や多くの家臣も処刑されますが、吉政については普段から秀次へ諌言していたとして罪に問われることもなく、逆に加増されています。
 徳川家康が関東へ移封となると吉政は岡崎城主となり5万7400石を与えられます。
 岡崎では城や城下町の整備を行い、岡崎城を近世城郭に整備すると共に、岡崎の郊外を通っていた東海道を城下町へ引き入れるなど、岡崎の発展の基礎を築き上げました。
 慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは東軍として参戦し活躍。逃走中の石田三成を捕縛しています。これらの功績により筑後柳河藩32万国の大名となり岡崎を離れました。
                                                          
Sany0189

田中吉政像
        
Sany0193
田中吉政像遠景
                           
愛知県岡崎市籠田町  地図

スポンサーサイト

| 戦国時代 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。