烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岡崎城の像

岡崎公園には様々な銅像がありましたので紹介します。
公園中央にある徳川家康の銅像は昭和40年家康公350年祭を記念して建立されたものだそうです。


Imag1790
徳川家康像
           
 松平元康像は平成4年に開催された「家康公生誕450年祭」の一環として建立されたモニュメントです。
若い頃の徳川家康(松平元康)の騎馬像は、岡崎城を背にして、日光東照宮の方角を向いているそうです。     
           
Imag1791
松平元康像
     
 三方ヶ原の戦いにて武田信玄に無理な戦いを挑んで大敗し、多くの家臣を失った家康が、自戒の念を忘れることのないように描かせた肖像画が「しかみ像」です。
 
顔をしかめて苦渋の表情をした肖像画を家康は生涯手元に置いていたそうです。
 公園内にある「しかみ像」は、その画像を基にして製作された石像です。
                    
 Imag1803
しかみ像
                 
 家康館の隣りに徳川四天王の一人、本多忠勝の像があります。武勇に優れ「家康に過ぎたるものが二つあり,唐(から)の頭(かしら)に本多平八郎忠勝。」とまで言われた武将で、岡崎公園内の龍城神社の祭神の一人として祀られています。
                 
Imag1793
本多忠勝像
                
愛知県岡崎市康生町561 Googleマップ



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 06:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。