烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岡崎城天守閣

 岡崎城が築城されたのは15世紀前半頃ですが、享禄4年(1531)に家康の祖父の松平清康が岡崎を領地とすると、現在地に移し、岡崎城と称されるようになりました。
 天文11年(1542)には徳川家康が城内で誕生しますが、家康は、父親の死亡により織田・今川への人質生活として、少年期を他国で過ごします。しかし、永禄3年(1560)の桶狭間の戦いで、今川義元が討死すると、家康は今川から離れ、岡崎城を拠点に天下統一への地盤を固めていきます。
 元亀元年(1570)に、家康は浜松城へ本拠を移すと、嫡男信康を岡崎城主としますが、信康は信長の命で自刃。その後、重臣達が城代として赴任しています。天正18年(1590)に家康が関東に移封されると、秀吉の家臣田中吉政が城主となりますが、家康が江戸に幕府を開くと、その後、譜代大名が城主を務めるようになりました。石高こそ5万石と多くはありませんが、神君家康公が出まれた城として城主を務めることは大変名誉なことと考えられていたそうです。
 岡崎城は松平家の支配以前は、砦のようなものでしたが、家康の頃までには城郭が整備され、さらに、田中吉政により、大規模な整備拡張が行われます。元和3年(1617)本多康紀が城主の頃は、三層三階地下一階の天守閣が建てられました。
 城郭の整備とともに城下町も整備され、東海道を城下に引き入れたことにより、岡崎は東海道有数の宿場町として発展していきます。
 明治以降には城は取り壊され、堀と石垣を残すばかりとなりますが、昭和34年(1959)に、岡崎のシンボルとして岡崎城を再建しようという機運が高まり、鉄筋コンクリートで、元の姿によく似た外観の天守閣が復元されました。
                          
Imag1811
天守閣
                 
Imag1819  Imag1817
天守閣最上階と、そこから見る展望
             
 岡崎城の土塀など一部の瓦に使われている三つ葉葵は、よく見る徳川家の三つ葉葵ではなくて、もっとシンプルなものとなっています。これは発掘調査により発見されたもので家康のデザインによるものと考えられています。徳川家(松平家)の家紋のルーツであると言われています。
               
Imag1820
岡崎城の三つ葉葵
                        
 愛知県岡崎市康生町561 Googleマップ

スポンサーサイト

| 戦国時代 | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。