烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長篠城跡 鳥居強右衛門

 長篠城址史跡保存館に向かって行くと、入口の看板に磔となっった人物の絵が描かれています。この人物の名は鳥居強右衛門といいます。
 強右衛門は長篠の戦いにおいて武田軍が長篠城を包囲した際に城を守っていた奥平氏に仕える足軽でした。
 奥平氏はもともと徳川家に仕える小大名でしたが、甲斐武田氏の侵攻を受けてその傘下に下っていました。しかし、武田信玄が死亡すると、奥平氏は再び徳川家に寝返り、信玄の跡を継いだ武田勝頼の怒りを買います。奥平家当主・奥平貞能の長男・貞昌(奥平信昌)は、長篠城を徳川家康から託され、約500の城兵で守備していましたが、天正3年に城は勝頼が率いる1万5000の武田軍に攻囲されます。長篠の戦いの始まりです。
 武田軍は長篠城を完全に包囲しますが貞昌らは懸命に城を防衛します。しかし、兵糧庫が攻撃により焼かれるなどしたため落城寸前にまで追い詰められていきます。このため、貞昌は家康のいる岡崎城へ使者を送り、援軍を要請しようと決断します。武田軍により厳重に包囲された城を抜け出し岡崎城へ援軍を要請することは非常に困難でしたがこの任務を任されたのが鳥居強右衛門でした。
 泳ぎが得意だった強右衛門は夜陰に乗じて城の下水口から川を潜り脱出に成功。岡崎城にたどり着き援軍を要請します。この時、岡崎城では家康の要請により織田信長が大軍を率いて到着しており、織田・徳川合わせて3万8000の連合軍が長篠へ向けて出発するところでした。強右衛門は、仲間たちにこの朗報を一刻も早く伝えようと、すぐに長篠城へ向かって引き返しますが武田軍により捕らえられてしまいます。
 強右衛門への取り調べにより、織田・徳川の援軍が来ることを知った武田勝頼は、それまでに長篠城を落とす必要性に迫られます。そこで、強右衛門に、援軍は来ないので、あきらめて早く城を明け渡すよう城に向かって叫ぶよう命令します。命令に従えば武田家の家臣として取り立てるという条件をつけての事でした。強右衛門は、この命令を表向きは承諾し、長篠城の西岸へ引き立てられます。しかし、強右衛門は、命令とは逆に、城内に向かい間もなく援軍がくるのでそれまでの辛抱だと叫びます。勝頼は激怒して、その場で強右衛門を磔にして処刑しますが長篠城では、強右衛門の死を無駄にしてはならないと大いに士気が上がり、援軍が到着するまでの間、城を守り通します。この事が設楽原の戦いでの勝利を呼び込む結果となったのでした。
 強右衛門の磔の絵は捕われていた強右衛門を監視していた武田家の家臣が強右衛門の忠義に感銘を受けて書き残したもので、戦場で使う旗指物として使われたそうです。
                
Sany0159
長篠城址史跡保存館入口看板
                 
Imag1673
長篠城跡の碑
                
Imag1670
鳥居強右衛門磔の場所(フェンス外の崖下の川の対岸)
                   
愛知県新城市長篠字市場22-1   Googleマップ



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。