烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長篠城跡

 戦国時代最強と言われた武田の騎馬軍団を、織田・徳川連合軍が鉄砲三千挺の三段撃ちにより撃破した「長篠の戦い」は、元々、長篠城を武田軍が攻略しようとした事に始まります。
 三河設楽郡長篠にあった長篠城は永正5年(1508)今川に属する菅沼元成が築城します。
 桶狭間の戦いで今川義元が討死すると武田信玄は駿河国に侵攻し併合しますが、京へ通じる三河国にも触手を伸ばします。この時、長篠城は徳川方に属していましたが武田軍にとって三河攻略の重要な拠点であったため元亀2年(1571) 長篠城へ侵攻し武田方に取り込みます。
 しかし、元亀4年(1573)に武田信玄が亡くなると、徳川家康は長篠城を攻略し再び徳川方の城とします。この時、武田軍の再侵攻に備えて城が拡張され。現在も残る本丸の大規模な土塁などが整備されています。
  天正3年(1575)に、信玄の跡を継いだ 武田勝頼が1万5千の兵を率いて、再び長篠城へ侵攻し城を包囲しますが、当時の城主・奥平信昌ら約500の兵が籠城し持ちこたえます。
 これが長篠の戦いの始まりで、その後、織田・信長連合軍が救援に向かい、それを迎え撃った武田軍が激突した設楽原の戦いへと移行していったのでした。
 長篠城は、この戦いで激しく損傷し、奥平信昌により新城城が築城されます。そのため長篠城は廃城となりました。
 現在、城跡は公園として整備されていますが、曲輪跡には新城市立長篠城址史蹟保存館があり、貴重な資料が展示されています。
                                                  
Imag1664_2
長篠城跡の碑
                
Imag1668_2
本丸跡
                      
Imag1672
土塁跡
                                          
Imag1663
長篠城址・史跡保存館
                            
愛知県新城市長篠字市場22-1   Googleマップ



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。