烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明治大学創設者 岸本辰雄

 先に紹介しました鳥取藩藩校「尚徳館」跡である「とりぎん文化会館」に明治大学創設者の岸本辰雄の像があります。


 昨年10月に銀座の数寄屋橋交差点にある「明治大学発祥の地」碑をブログで紹介した際にも説明しましたが、岸本は嘉永4年(1851)に鳥取で藩士の子として生まれ藩校「尚徳館」で学びます。戊辰戦争に従軍した後、明治3年に「大学南校」(後の東京大学)へ鳥取藩の推薦を受けて入学しました。


 明治4年にはフランス法を専門とした法律家養成機関である司法省法学校に第一期生として入学。卒業後、宮城浩蔵、矢代操とともにフランスへ留学し、帰国後「明治法律学校」(後の明治大学)を設立しました。


 設立にあたり、旧鳥取藩主・池田輝知と、その叔父である旧島原藩主・松平忠知(15代将軍徳川慶喜の実弟)が財政的に支援しています。


 このように明治大学と鳥取市は意外とつながりが深いのです。



Imag0541

岸本辰雄像



 鳥取東照宮(樗谿公園)の駐車場に、岸本辰雄を紹介した説明板があります。


 説明板の隣りが屋敷跡ということだそうです。




Imag0455

岸本辰雄邸跡(車が駐車しているあたり)




  岸本辰雄像 : 鳥取市尚徳町101-5 とりぎん文化会館


  岸本辰雄邸跡 : 鳥取市上町 樗谿公園駐車場横



スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。