烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もう一つの大隈重信像(早稲田大学)

 早稲田大学早稲田キャンパスにある大隈講堂は早稲田大学を象徴する建物といえるでしょう。



 大正11年に大学を創立した大隈重信が亡くなると偉業を称えるために記念講堂を建設る動きが広がります。関東大震災等により計画は中断されていましたが再び建設を求める声が高まり、ついに建設が決まり昭和2年に完成しました。時計塔を備えた建物は平成19年に重要文化財に指定されています。





Dsc_1292



大隈講堂





 近づくことが出来ませんが大隈講堂の裏側の回廊に大隈重信像が設置されています。



 大隈重信像といえば先日紹介したキャンパス内の庭に設置されている像が有名ですが、大隈講堂にある像が初代の像です。



 明治40年に大学創立25周年を記念して建立されましたが政治家として大礼服姿であり大学にふさわしくないという意見が出されたため目立たない現在地に移設されます。そして、角帽とガウン姿の新しい像が建立されたのです。





Dsc_1296



講堂裏の大隈重信像





Okuma



大隈重信像

スポンサーサイト

| 東京散歩 | 08:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。