烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松陰神社(山口県萩市)

 今週は吉田松陰が処刑された「伝馬町牢屋敷」を紹介しましたので、もう少し松陰に関して紹介します。


 今月、11月7日に島根県益田市で開催された「囲碁サミット」へ囲碁史会として参加させていただきましたが、良い機会と思い、益田に行く前に山口市内と萩市内に立ち寄りました。


 萩市は吉田松陰の出身地であり、その門人の高杉晋作や伊藤博文等、多くの幕末の志士を輩出した場所です。


 萩市には松陰を祀る「松陰神社」があります。境内には有名な「松下村塾」と松陰の実家が残されています。というより、それらの建物の隣に明治時代になり、松陰の霊を祀るために建立されたのが「松陰神社」なのです。


 最初は明治23年に松陰の実家の杉家が小さな祠を建てますが、明治40年に松下村塾出身の伊藤博文などが中心となって活動し正式な神社となりました。



Dsc_1834 Dsc_1835
松陰神社



 境内にはたくさんの碑が建っています。松陰が死を覚悟し故郷の両親に送った書簡「永訣の書」の中で詠まれた詩もあります。松陰直筆の文字を刻んだものだそうです。



        親思う こころにまさる 親ごころ

            きょうの音づれ 何ときくらん



 また、明治維新100年を記念して昭和43年に建立された「明治維新胎動之地」碑の揮毫は、当時の総理大臣・佐藤栄作によるものです。


Dsc_1822 Dsc_1821
松陰直筆の碑(左)と「明治維新胎動之地」碑(右)




   住所:山口県萩市椿東1537



スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。