烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水天宮

Dsc_1111 Dsc_1107
拝殿(左)と入口の碑(右)
                                      



Dsc_1110 Dsc_1115
狛犬(左)と子宝犬(右)



 



 水天宮は福岡県久留米市に総本山があり、日本各地にある神社ですが、東京都内では中央区日本橋蛎殻町にあります。



 地下鉄の駅名にもなっていますので都内でも有名な神社の一つです。



 江戸時代に水天宮を厚く信仰した久留米藩歴代藩主の有馬家により三田の上屋敷に分霊を勧請したのが始まりで、庶民の参拝希望を受けて毎月5の日に一般開放され、明治以降には下屋敷のあった現在地に移転しています。



 安産と子授けにご利益があると言われ多くの夫婦が参拝しています。



 境内に設置された「子宝犬」は自分の干支を撫でると子供が授かるといわれ、干支と犬の頭がたくさんの人々に撫でられ光り輝いていました。



 



    東京都中央区日本橋蛎殻町二丁目4番1号



スポンサーサイト

| 東京散歩 | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。