烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

芥川龍之介生育の地

Dsc_0977 Dsc_0973_2
芥川龍之介生育の地



Dsc_0974 Dsc_0975
案内板
 

 小説家の芥川龍之介は明治25年に京橋区入船町8丁目(中央区明石町)の新原敏三の長男として生まれましたが、母親の病にて生後7ヶ月で本所区小泉町(墨田区両国3丁目)に住む叔父の芥川道章にあずけられ13歳の時に養子となりました。


 芥川家は旧家で、道章は俳句や南画をたしなみ、一家をあげて一中節を習ったり歌舞伎を鑑賞したりしていたそうです。


 このような環境が龍之介の感性を磨き上げていったのかもしれません。


 現在、龍之介が育った両国の芥川家跡地には案内板が設置されています。




    墨田区両国3丁目22



スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 06:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。