烏鷺光一の「囲碁と歴史」

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いずみ囲碁団体戦

 東京八重洲のいずみ囲碁で団体戦がありました。二ヶ月に一回おこなわれて、各上位3チームが三月に決勝大会をおこなうというものです。
 私自身は前回無差別で枠抜けしていたので、今日は生徒さんの応援。有段者の部で2チーム参加です。結果両チームとも枠抜けはなりませんでしたが4位だったとのこと。確か前回もそうだったなあ。
 無差別の優勝は私も通っている研究会の多岐技会。流石です。決勝大会で当たるかもしれませんので、そのときはがんばります。

スポンサーサイト

| アマ対局 | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

囲碁史会

Kc3x00042


 昨日は囲碁史会がありました。
 南雄司氏による「囲碁資料集」の紹介がありました。南氏は囲碁資料の収集にかけては右に出る人がいないほどです。今回はその中の一部ですが、珍しいものをみなさんで拝見することになりました。
 さらに、発表ではないのですが、島根の大庭信行氏から「囲碁サミット」の紹介がありました。今年で5回目になるのですが、今年は大庭氏の地元島根県益田市で行われることになっています。開催日は11月17・18日です。
 島根県は本因坊道策の出身地であり、益田市も昭和を代表する棋士で岩本薫を輩出しています。

| 囲碁史会 | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三十間堀跡

Dsc_0892
三十間堀跡
                      
Dsc_0891
案内板
      
 銀座8丁目の東京高速道路新橋出口のところの公衆トイレ横に「三十間堀跡」の遺構があります。
 江戸時代に京橋川から潮留川に向けて開削された堀川で、当初幅が約30間(約55m)あった事から、この名がつけられました。
 商船や屋形船が行きかう大変賑やかな堀で昭和20年代まで存在しましたが、空襲による瓦礫処理のため埋め立てられ現在はありません。
 遺構は銀座8丁目で発掘された護岸に使われていた石で堀はこのあたりからスタートしていたそうです。
                  

| 江戸時代 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芝口御門跡

Dsc_0889
芝口御門跡の碑1
            

Dsc_0890
芝口御門跡の碑2
                    
             
 銀座8丁目10番地付近に芝口御門跡の碑があります。
 東京高速道路を挟んで反対側は新橋です。
 高速道路は元々、潮留川が流れていて、対岸と結ぶ「新橋」という橋が架かっていました。現在の新橋の地名の由来です。
 宝永7年(1710)に朝鮮使を迎えるにあたり、日本の威光を顕示するため新井白石の建議により「新橋」の北詰に芝口城門が建設されました。現在の桜田門のような石垣で囲われた立派な門だったそうです。それに伴い「新橋」も「芝口橋」と改称されています。
 しかし享保9年(1724)に門が焼失。その後、再建されなかったため橋も「新橋」に戻されました。「新橋」は昭和39年まであったそうです。

  中央区銀座8丁目10-8

| 江戸時代 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金春屋敷跡と金春通り煉瓦遺構の碑

Dsc_0881

案内板



Dsc_0884  Dsc_0883

煉瓦街遺構碑と金春通り



 能楽は室町時代に足利幕府の保護を受けて発展し、安土桃山時代には熱心な愛好者であった豊臣秀吉の保護により更に興隆します。


 金春(こんぱる)家は、秀吉に能楽の筆頭として召し抱えられた一族です。


 江戸時代に入っても、能楽は引き続き幕府により保護され、金春・観世・宝生・金剛の四家は幕府より知行・配当米・扶持を与えられています。


 金春家は現在の銀座8丁目あたりに屋敷を拝領し、現在も「金春通り」等に名前を残しています。


 銀座は明治に入ると大火に見舞われ、政府は復興にあたり不燃都市を目指して煉瓦街を形成します。


 煉瓦街は明治の近代化の象徴として大いに発展しますが,関東大震災により崩壊し姿を消しました。金春屋敷跡付近で発掘された煉瓦街の遺構が現在、金春通りで記念碑として設置されています。




  金春屋敷跡:中央区銀座8丁目6~8番地。

  煉瓦遺構の碑:中央区銀座8丁目7番地(金春通り)。

| 歴史あれこれ | 06:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀座にあった日本棋院

Dsc_0947
日本棋院のあった場所には現在「金光教銀座教会」があります。
             
                   
 最近、囲碁史関係の話題をあまり紹介していないので銀座に関係のある未発表の情報を紹介します。
 みなさんは、かつて日本棋院が銀座にあったのを御存知でしょうか?
 明治以降、方円社と家元側の分裂状態であった囲碁界は、関東大震災を機に合同の機運が高まり、ついに大正13年(1924)7月に日本棋院が設立されました。
 棋院の設立にあたり有力後援者であった大倉喜七郎の寄付により赤坂溜池(永田町)に棋院会館が建設されることになります。首相公邸の隣に建てられた会館は「溜池の棋院」と呼ばれる立派な建物でしたが、竣工し活動を開始したのは大正15年(1926)5月のことで、その間仮事務所での活動となりました。
 設立当初は牛込区船河原町にあった本因坊秀哉の後継者と目されながら急死した小岸壮二の旧居で旧中央棋院の事務所でもあった場所が使われましたが、すぐに銀座二丁目に移転しています。
 住所は「京橋区銀座二丁目14番地」とあり、現在の住所だと「中央区銀座二丁目8-7」の「金光教銀座教会」のあたりになります。仮事務所ですので借家だったのでしょうが、約一年間ここで活動を行っていました。
 なお、日本棋院発祥の地とも言える最初の事務所も場所を特定していますので、いずれ発表したいと思います。

| 日本棋院 | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨネイビルディング

Dsc_0944_2


ヨネイビルディング



                    



 銀座2丁目の中央通りにあるメルサ銀座2の裏側の通りに「ヨネイビルディング」という趣のある建物がありました。



 東京都選定歴史的建造物だそうで案内板には次のとおり紹介されています。



 ヨネイビルディングは、震災後、銀座に林立したオフィスビルの中で現存し、当時の趣を維持しているビルの一つであり、建てられた頃は銀座が大きく発展しモボ・モガが街を闊歩していた。



 1階の外壁は、建築当時の状態をよく残しており、中世ロマネスク風の意匠で、らせん模様の柱をとりつけた大小のアーチ窓が石張りの重厚な壁面に軽快な印象を与えている。全体に調和性を重視した意匠で、突出した一直線の帯状の装飾により輪郭をきっちりと枠どっている。



 ちなみに、最近ではNHKの連続テレビドラマ「梅ちゃん先生」で梅子の姉・松子の勤務する会社が入居するビルとしてロケが行われています。




  ヨネイビルディング:中央区銀座2丁目8-20



| 東京散歩 | 13:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「天地明察」を見てきました

Dsc_1233
パンフレット等を買ってきました。
                      
                
 9月15日にいよいよ公開された映画「天地明察」を見てきました。
 映画化が決まる以前から主人公の渋川春海(安井算哲)のお墓参りに行ったりしたため(2011.2ブログで紹介)、大変、楽しみにしていました。



 囲碁のシーン(安井算哲と本因坊道策の対局)からはじまります。算哲が初手天元に打った対局です。実際の棋譜とは違う進行になっています。



 桑本六段が囲碁の指南役として現地におられたのですが、井上因碩役として出演されているようです。といってもどこに映っているのかまったくわかりませんでした。ほんの一瞬のことだそうなので、これからご覧になる方は探してみてください。



 囲碁関係の配役では、本因坊道策が関ジャニの横山、安井算知がきたろうとなっています。



 きたろうさんはNHKの囲碁フォーカスにも出演されているほど大の碁好きだそうです。



 その他も豪華な配役となっています。囲碁のエピソードもある保科正之には松本幸四郎、水戸光圀に中井貴一などです。
 囲碁史を研究している私としては、史実と異なる部分もありますが、このように囲碁の歴史と大きく関わる映画が上映されることは大変うれしく思います。
 囲碁や算術を知らない人でも充分楽しめる作品となっていますので、みなさんもぜひご覧下さい。



| 囲碁あれこれ | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

碁的

120918_133301



 



 今年もフリーペーパー「碁的」が出ました。



 今回の表紙は吉原由香里五段です。



 内容はこれまでのように充実しています。芸能人もアンガールズの田中さんに加え、オリラジの中田さんも。



 公開中の映画「天地明察」の紹介もされています。



 碁的は多くの方がご覧になるようで、今年は5万部が発行されているようですので、日本棋院等でお求めになってください。

| 囲碁あれこれ | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昨日の多岐技会

 昨日は多岐技会の日でした。



 ものすごく人数の多い日でした。なんと40人近くになりました。いつもより10人ぐらい多いのではないでしょうか。開成高校の副将で、今年の高校選手権団体優勝、個人5位のF君が中学の後輩をたくさん連れてきてくれました。さらに、あまり来られない神奈川の強豪の方々も来られました。



 この日は前日から世界アマ選手権の全国大会をおこなっており、地方から来られた高校選手権優勝のO君もいたりして、強い人もたくさんでした。



 それに加え、私も自分の会である光石会のメンバーを4人ほど連れて行くなどしたので、会場に人がいっぱいになりました。



 さて、研究会の結果ですが、1回戦で初参加のA君に互先で中押し勝ち、2回戦で成長著しい中学生のI君に向二子逆コミで中押し負け、3回戦で神奈川強豪のTさんに二子で中押し勝ちでした。とりあえず勝ち越せてよかったです。上に上がるには3連勝しなければならないので大変です。

| 囲碁あれこれ | 09:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。